FX環境認識でおいしいポイントと賞味期限をチェックする


書いている人:

相場にも食べ物同様においしいポイントと賞味期限があります。

上位足での環境認識に悩まれている方や相場の流れについていったつもりがエントリー後すぐに逆行してしまう方はもしかしたら賞味期限が近いものを買ってしまった(売ってしまった)のかもしれません。

FX環境認識でおいしい相場と賞味期限相場を見極める

相場が上昇した先で売り、相場が下降した先で買えばおいしいですね。

新鮮で長く保存(保有)していても大丈夫です。

ですが相場が上昇した先で買ったり下降した先で売ったりすれば、ものが古いのですぐに処理しないといけません。

実際相場でおいしい相場とおいしくない相場を見ていきたいと思います。

FX環境認識でおいしい相場と賞味期限相場を比べてみよう

4時間足

2017.9.8の相場です。

全体図が分からないので縮小して観察したいと思います。

画面真ん中少し左から垂直に上昇しています。

押し目候補あたりからまた上昇し始めますが前回の高値を超えていけずに下がってきたとゆうかんじです。

直前の下降は割と強いです。ほぼ全戻ししました。

山の形を見てみると高値を超えれずに下がっては来たけれども下降に横軸(時間)が長くかかっているなぁとゆう印象。

しかも直前では結構上昇してきました。

4時間足通常の画面に戻ります。

上昇して上がりきったところから下降しています。

安値からのエクスパンション161.8%で停滞していて上昇した先、そこから時間をかけても高値が超えられずに落ちてきています。

上の方で売れるとすごくおいしいですね。いただき放題。

ですが現在いるあたりはどうでしょうか。

なんだか時間がかかっているといてすっと下げていかない。

それに直前の上昇もなんだか強いです。

2つエクスパンションをひいてみても下げた先から上昇してきたとゆうかんじ。

200MAに抑えられる形にはなっていますが、なんだか未来の相場は本当にまだ下がっていくのかなぁとゆうかんじです。

1時間足

1時間足ではどちらかといえば上昇とゆうかんじでしょうか。

でも上の方で売れるとまだまだおいしいです。

エリオット波動で上昇したあと高値を超えれない動きになってとりあえず一度下降しようとしているところです。

直前の小さな波も調整の動きのように上昇していてエクスパンションの数値161.8%やトレンドラインもあり、なるべく上から売っていけそうです。

では現在いるあたりを見てみましょう。

視覚的にはそろそろ上昇の押し目とゆう感じ。

しかも前回上昇したあたりで下げ止まりました。

売りの賞味期限が近そう。気を付けないといけません。

5分足

5分足では下降相場です。

上位足で見た縦の赤線の少し前です。

200MAからはまだ下降の戻しで売っていけそうです。

個人的には賞味期限明日までのたたき売りセールとゆうイメージです。

問題はこのあとです。

上位足の環境認識を思い出してみるとここでまだ戻し売りしたいでしょうか。

5分足だけ見ていると波をつけて戻し売りができそうな場所にも見えます。

ですがちょっと怖いです。お腹痛くなりそうです。

売りの賞味期限切れ後の5分足

この辺からは上位足での環境認識通り、買いポイントのおいしい相場として待ち構えていたいところです。

FX環境認識でおいしい相場と賞味期限相場を比べてわかったこと

なるべく上から売ってなるべく下から買えばおいしい相場をつかみやすくなること。

そのためには相場についていくのではなくここでエントリーしたいからこの辺で様子を見る!とドンと腰を構えていないといけないこと。

おいしい相場とおいしくない相場を考えることで自分は割とたたき売りセールのところでトレードしているんだな(笑)と新しい発見がありました。

みなさん、今日も一緒に頑張りましょう!