FXをどうやって勉強するか。どう上達するか。トレードで勝てるようになる勉強法


書いている人:
FX、どうやって勉強するか?

FXをどうやって勉強するか。

無料のYouTube動画をみて、ノートに書きながら勉強。

あるいは、有料のFX教材を購入して、過去チャートでもしっかりと確認。

いろんな方がいると思う。

私も過去にいろいろと試した。

新しい知識を詰め込み、「これならFXで勝てそう!」とリアル口座でFXトレードを行った。

最初は少し勝てるたりもする。

もっと稼ぎたいという欲が出てくる。

そうすると、いつの間にかFX教材のルールを破っていて、大損失をやらかす。

「悪いのは今回のFX教材のせいだったんだろう。」

次のFX教材に手を出し、再び口座破綻。

この繰り返しでは、FXは決して勝てるようにはならないのです。

FXは暗記教科ではない、インプットだけでは勝てない

FXはインプットだけでは勝てないの図

milk先生は、次のように言われます。

「FXは暗記教科である。」

「FXは暗記教科ではない。」

どっちなんだろう。

私は先生の言葉をこう解釈した。

暗記は大事。しかし、それは必要最低限の作業。

暗記だけではFXは勝てるようにはならない。

インプット学習、つまりFXの本を読んだり、YouTubeでFX動画をみたり、FXスクールで講義を聞いたりするだけではダメ。

FX学習はアウトプットすることが大事

FX学習はアウトプット大事

このブログの過去ログをみていると、milk先生のこんな記事があった。

FXの個人レッスンは僕の勉強会ではやってないです。意味ないから。

自ら進んで考え、試行錯誤し、努力して勝ち取った「気づき」こそが、トレーダーに利益をもたらす。

自分から進んで学ぶから確かなトレード技術が身につく。受け身では身につかない。こんなことはFXに限った話ではないよね?

アウトプット学習とは、手書きでメモを取ったり、人に話したり、教えたりすること。

milk先生のFX勉強会コミュニティには、「座談会」と呼ばれるZOOMを用いたミーティングのようなシステムがある。

画面に参加者の顔は出ない。

画面共有で参加者のチャートが映し出され、参加者が議論する。

座談会はほぼ毎日開催されている。

チャートを見ながら、自分の考えを発表する。

他の人に理解してもらうためには、自分の思考を整理する必要がある。

そのため、前もって自分のトレードを振り返ったりする。

アウトプットするために、おのずと真面目に取り組む。

だから自分の記憶にも残りやすいし、新たな気づきが生まれたりもする。

そして、座談会では他の勉強会参加者から様々な意見をもらえる。

他にも、milk先生のFX勉強会コミュニティには、自分の思考をアウトプットできるコンテンツがたくさんある。

トレードを行ったら、トレード報告に書き込む。トレード画像を貼ったり、自分の思考を書いたりする。

あるいは、毎日のシナリオを立てたら書き込む。

過去チャートでの検証をしたら書き込む。

その他、チャートをみて勉強したら書き込む。

勉強会サイトに書き込んだら、参加者は誰でもその書き込みを見ることができる。

誰かに見られると思うから、一生懸命に思考する。

毎日毎日、思考の訓練を行う。

他の方の書き込みを見て、新たな気づきも得られる。

独学でのFXの勉強では、このアウトプット学習が非常にしにくい。

人間は飽きやすい生き物である。

独学でのインプット学習だと飽きてしまい、いい加減な学習になりやすい。

また、自分の思考が少しずつずれてしまったときに、他の人からの指摘も得られない。

その結果、どんどんおかしな方向に進んでしまう。

FXは具体的にどうやって勉強するか

過去チャートと徹底的に向き合う

過去チャートと徹底的に向き合う

では、FXでは具体的にどうやって勉強するか。

FXの勉強は、過去チャートで行う。

以下のリンクは、milk先生が書かれたブログ記事。

内田博史氏のFXブログより ~トレードはどうやって勉強する?

トレードの勉強ってどうやってするのかといえば、「このチャートパターンのときは勝てる!」っていうのを何十回・何百回・何千回も地道に見て学ぶしかない。

相場におけるパターンマッチングってのは「関係性」なんだよ。

  • こういう条件のときに三尊天井が出ました
  • 4時間足はこうで、1時間足はこうで、5分足はこうです
  • 相場の流れはこうです

みたいな、他の何かとの関係性の中に優位性が隠されている。

milk先生のFX勉強会では、過去チャートでのこの勉強法を「ケーススタディ(Case Study: CS、シーエス)」と呼ぶ。

「4時間足は上昇トレンドで、1時間足ではちょうど買いの根拠がたくさん集まるところまでレートが落ちてきて、5分足で下げ止まったパターンが出たので押し目買い。」

そんな上位足との関係の中でのチャートのパターンを徹底的に頭に叩き込む。

同じ相場でのケーススタディを何度も行う。

そうすると、新たな気づきが出てくる。

ケーススタディについては、milk先生の以下の動画が非常に勉強になります。

FXの勉強、何からはじめたらいいかわからない

とは言っても、独学でFXの勉強をしている方は、過去チャートをみて何からやったらいいのかわからないと思う。

そんな方は、milk先生の以下のブログ記事を読んでみてください。

飾り切りの話 ~FXを難しく考えすぎている人へ【FX勉強会】

早く儲けたい!早く上達したい!という気持ちが強すぎると、必要以上に焦りや不安が出てくる。

そもそも、儲けたい!という気持ちがなければFXなど始めてないと思うんだけど(笑)

でもね、そういう気持ちをひとまず横に置いといて、手を動かしてみればいいんじゃなかろうか。

過去チャートでの検証作業をしていて、利益が出るようになるとは思えない。利益と損失がトントンになる。

リアルタイムのチャートでトレードしていて、利益が残らない。トータルでプラマイゼロくらいになる。

最初はそのくらいでちょうどいいと思うよ。

とりあえずMT4を開き、milk先生のYouTube動画で解説されている日時の相場に合わせる。

最初は先生の動画解説をなぞるだけでいい。

先生の解説されている箇所にフィボナッチ・リトレースメントを当てる。

少しでもアウトプット学習をするために、ブツブツ話しながらやってみる。

先生の別のYouTube動画でも全く同じなぞりを行う。

毎日繰り返しているうちに、だんだんとテクニカルツールの当てる場所に慣れてくる。

ツールを使いこなせるようになったら、今度は値動きとか、相場参加者の心理を考えながらやってみる。

少しの時間でもいいので、毎日継続することが大事。

環境認識、シナリオをたてて、リアルタイムトレードをする

過去チャートでの勉強と平行して、リアルタイムトレードも行う。

最初はデモトレードから行うことが大事。

なぜなら初心者は最初はほぼ負けるから。

大事なお金をドブに捨てるようなもの。

リアルタイムトレードで、milk先生が推奨する「資金2倍トレーニング」を行う。

やり方は、先生の以下の動画ががわかりやすい。

資金2倍トレーニングでリアルタイムでのトレードを行ったら、毎日徹底的に振り返りを行うのが大事。

自分のたてたシナリオは合っていたのか。

自分の行ったトレードはどうだったのか。

正しい勝ち方だったのか。良くない勝ち方ではなかったのか。

いい負け方だったのか。負けるべくして負けたトレードだったのか。

徹底的に振り返りをすることで、新たな「気づき」が生まれる。

また、実生活でリアルタイムのトレードをする中で、様々な障害が出てきて、それに対する工夫が生まれる。

例えば、仕事が忙しくてチャートがなかなか見られず、トレードの練習ができない。

じゃぁ携帯のMT4アプリでチャートを見てみようかな、とか。

逆に、携帯のMT4アプリだと仕事中でも値動きが気になってしまう。

短期足の値動きに翻弄されてしまう。

じゃぁ携帯からMT4アプリは削除して、携帯からはエントリーしないようにしよう、とか。

チャートをずっと見ていると、どうしてもエントリーしたくなってしまう。

そのため、3時間チャートを見続けたらパソコンを閉じて、1時間はストレッチをするとか。

例えば、トレードで勝ったらどんどん調子に乗ってしまい、負けるまでトレードをしてしまう。

最後にドカンとやらかすまでFXトレードを続けてしまう。

だったら、1日20~30pipsとったらその日のトレードはおしまいにする、とか。

リアルタイムトレードでの練習をすることで、そこに様々な工夫が生まれる。

FXの勉強は日々、思考・アウトプット・振り返り・気づきの繰り返し

優れたFXトレーダーになるためには、思考、アウトプット学習、振り返り、気づきを毎日繰り返すことが大事なんだと思う。

milk先生は次のように言われます。

「手法も大事だけど、学び方も大事。」

過去と全く同じ相場環境なんて無いので、ルール通りにやって負けることもあるのがFX。

負けて損切りになったから、「このFX手法はダメだ。」と次のFX商材に乗りかえる、商材ジプシーをしていては、一生勝てるようになれません。

もちろん、勝てる手法でないのならば、そこに時間を費やすのは時間の無駄。

勝てる手法があれば、いかにその手法を深堀りして、気づきを増やすか。

いかに余計なことをやらかさないように、日々のトレードで自分の弱点を克服するか。

そのあたりが、FXの勉強の重要なポイントなんだと考えています。

「諦めなければ、FXの夢は必ず叶う。」

これは、milk先生の言葉です。

もっともっと、FXトレーダーとして成長したい。