FXあるあるのポジポジ病を止める!『願掛け・断ち物』は有効です!


書いている人:

FXにはポジポジ病と呼ばれる状態があります。

これを止める(やめる)手立てとして『願掛け・断ち物』みたいな手段が有効なのではと思います。

ポジポジ病の対極として「ノートレ病」(勝手に呼んでみました)というものがあるとしたら、こちらにも『願掛け・断ち物』は有効であると思います。

本来の『願掛け・断ち物』は神頼みであったり他力本願的なモノですが

そうではない「とても理性的で計画的」な『願掛け』もあるのです。

FXのポジポジ病などの「悪癖」は、具体的な工夫で対応しましょう。

ポジポジ病とは言うまでもなく、エントリー過多な状態のことです。

では、どのくらいの回数エントリーしたらポジポジ病認定なのか。

勝率が高ければ「いっぱい勝ってる人」なのでポジポジ病とは呼べないのか。

これまた言うまでもなく、回数や率などで判定できるものではありません。

おそらく、環境認識がきちんと出来ていない等「学習をしているとは言えない状態」で勝ちたい獲りたい気持ちだけで「大してチャンスでもないポイント」でエントリーを重ねてしまう事をポジポジ病というのでしょう。

milk先生流の御指導にはいくつもの素晴らしいポイントがあるのですが、その中でも

『FXはエントリーポイントがすべて』

『学ぶ気があれば、道端の石ころからでも学べる』という言葉があります。

まず第一に『FXはエントリーポイントがすべて』ですので、本当においしいポイント、高勝率であるポイントを探す事が学習になります。

「勝ちたい、学ぼう」とヤル気満々で始めたならば、沢山チャートを見るでしょうし沢山エントリーしてしまうと思います。(たぶん)

わたしは、そのこと自体は大して悪い事だとは思いません。

いつまでも、その調子で「大してチャンスでもないポイントで沢山エントリー」しているようであれば「ポジポジ病」真っ盛りで宜しくありません。

でも、沢山エントリーしたトレード一つ一つに

「これはクソポイントだなぁ」

「ここも」「ここも」「これなんか酷い」「これはイイとこだな!」と正しく振り返ることが出来れば(正しく振り返ろうという気持ちがあれば)

「どうやったらクソポイントを回避してイイポイントまで待てるのか」という

前向きな正しい『具体的な工夫』につながると思います。

逆に「エントリー回数が多いのは悪い事だから」「負けるのはイヤ」という表面的な意識ばかりで

わからない相場を避け続けたり(悪い意味で)、シナリオさえ立てないとか、トレードから気持ちが遠ざかってしまったりと恰好をつけてハングリーさを欠いた

「無理にトレードしようとするのはダメなんだもんねと自分に言い訳をしているノートレード病」になる方がもっとこじらせてしまう気がします。

FXのポジポジ病は、自分と向き合わなければ解決ではありません。

つまり「ポジポジ病もノートレ病も」本質的には似ていて

「儲けたい勝ちたい」「冷めてきちゃったしサボりたい・面倒なことはイヤだけど負けたくない」という

自分の気持ちと向き合えない、立ち向かえないところが根本的な問題だと思います。

わたしは割と「ノートレ病」にかかり易いと思います。

「トレード回数は適正だな」「わかるところまで待つのは良い事」「ガツガツと、勝とう色々試そうというのはみっともない」みたいな

自分を正当化して恰好をつけて安心していても『自分の成長はどんどん取り残されている』という事実を忘れてはいけないです。

クソ相場でポジポジしている奴もバカならば、消極的な自分もまたバカだなと。

じゃぁどうしたらいいんだろうと考える事が、先生の仰る

「石ころからでも学べる」「それらも含めて、すべて勉強」という言葉に繋がっているのだと思います。

FXのポジポジ病などへの工夫は「厳然かつフラット」にしましょう。

わたしは基本的にお酒がめちゃめちゃ大好きなのですが、一年半くらい全く呑まないという禁酒期間を設けたことがあります。

これはもう、人生における大事件です。年間を通して呑まない日が殆ど無いのが普通でしたから。

FXを勉強する時間が無いので呑んでる場合では無いというのが当初の目的でした。

ある日、折角の正月だからということで久々に呑んだのですが、それはそれは美味しかったですね。

その日からは「一週間頑張ったら、土曜日の夜だけは呑もう」という裁量を与えました。

それからすぐ「勉強が終わったり、もう勉強はしないと決めた日は呑んでもいいかな」と調子に乗り

「気付いたら、ほぼ毎日呑んでる」に変わるまで、そう長くはなかったです。

こういうものは性格や気質など、人によると思いますが

ひとの意志や判断なんてものは、その時の環境や感情などで「本人も知らぬうちに」変わったり流されてしまうものなんじゃないかと思います。

これはトレードそのものにも学習にも通ずる、とても厄介なものです。

工夫するポイントは「必ず」「わかり易く」です。

先生のブログに「ホメオスタシス(恒常性)」について語られているところがあります。

【FX負け組バカ以外は全員読んでる】トレーダーおすすめ本~これだけ読め

FXに限ったことではありませんが、FXは特に、自分の特性や性質をよく見つめて具体的な工夫によってこの「ホメオスタシスの引力圏」から脱出しなくては成長できないのだと思います。

ポイントとしては二つ

  1. 厳然と=「必ず」のルール
  2. フラット=「わかり易く覚えやすく」

一つ目はルールとして課す以上「場合によってはやらなくてもいい」というものは無い方が良いと思います。

たとえ小さな決まり事でも「毎日絶対2日分以上はCSをやる」とか「毎日絶対シナリオをたてる」とかです。

もう一つは「月水金は」とか「〇〇が▢▢したときは」などというような、うっかりを誘発しやすいものや「悪魔の裁量」をつい加えてしまいやすいものは避けた方が自制心が働きやすいと思われます。

そういう意味で『願掛け・断ち物』的なルールの講じ方は、たてやすいし守り易いのではと思います。

決まりをたてるクセ

きちんとまもるクセ

この繰り返しが、大事なのだと思います。