時間が無い人のFXのお勉強は『マイルール』作りをおススメします!

FXの勉強をやる時間が無いという人はたくさんいると思います。

特に独学で勉強をしている人の場合「ケーススタディーを出来るだけやるといいのでは」と思いつつ「毎日シナリオをたてる」という勉強も大事だと思いつつ・・その他その他、何をやるのが一番良いのかわからずに「とりあえず」になってしまう・・。

そして何より「トレードチャンスをなかなかつかまえられない」という焦りから、どうもワケワカラナイところでエントリーしてしまって獲得pips数が上がらないという悩みをいつも抱えていたりします。

何が問題点なのか。

それは、トレードスキルが無いというところです。

時間が無い人のFXのお勉強『空いた時間は、先生に教わりましょう』

今週も先週に引き続き(?)自身に対する厳しい指摘とわたし自身の実体験からのお話になります。

アプリ版MT4は『デキるトレーダー』になってから活用できるモノです

FXの勉強に充てる時間があまりとれない、もしくは空いた時間を少しでも勉強したいという気持ちからやってしまう失敗の1つに「時間があるごとにリアルタイムのチャートをひたすら覗く」というものがありました。

しかも、当時併用していたスマホやタブレットの「アプリ版MT4で」やっていました。

「少しでも何か勉強できれば」「チャートに触れる時間があるほどよいのでは」という気持ちからですが、それ気持ち自体を丸々否定はできないとは思います。

時間がとれないから仕方ないと諦めて何もしなかったり、ゲームなどをやっているよりは、どうにか工夫しようと思っている分マシだとは思います。(思いたいです(笑))

しかし、ダラダラとリアルタイムのチャート(特にアプリ版)を見ている時間が有効であるかというと・・うーん。ほとんど意味が無いように思えます。

逆に、環境認識やエントリータイミングがある程度以上わかるようなデキるトレーダーにとっては、最終的なローソク足を確認してエントリーするという利用法があるようですが。

先生のブログ(動画)は「一度だけ」「流し読み」はもったいないです

空いている時間全てやるべきとは限りませんが、空いている時間を先生のブログや動画を視聴する時間に充てることは大変に有効な時間の使い方であると思います。

先生が教えて下さる手法は大変シンプルで、ざっくり内容だけを知るだけであれば1日あれば理解できるかもしれません。

しかしそれを「素直に」「教わった通りに」「正確に」実行に移せるかといえばそれは次元が全く異なります。

ドラマやアニメによくあるように、一度観て内容を全部理解できていると思っていても、2度3度…と観ていくうちに、細かなニュアンスや見逃していた発言や伏線の意味に後からあとから続々と気付くということがあります。

特に独学で学んでいる方の場合、先生の手法や御指導に触れる機会が殆ど無く、誤解や思い違いを正す機会も非常に限られていますので、何度でも読み返してみるというコトは有効です。

何より、受け身でただ読み流して概要を知るというコトと、実際に自分の手で教わった通りにやっている過程で機会あるごとに読み返してみるということは大きく違います。気になる文言の部分や手法の解説などを記録しておいて、PCが使える環境の時に再度確認できると尚良いと思います。

時間が無い人のFXのお勉強『シナリオたては超重要。優先するべし』

非常にお恥ずかしい、痛恨の一撃的な過去の失敗の1つに「シナリオたてを軽視していた」というものがあります。

シナリオ=トレード計画というものを「エントリーするまでに、各時間足のチャートパターンがこうなったらエントリーしよう」と自分の中で定まっていれば良いというふうに勘違いしていたことがあります。

もちろんこれは大きな間違いで、シナリオをたてるということはチャートに向き合ってあらゆる情報や可能性を考慮した上で「○○の辺りで▢▢な動きになって、200MAと△△になったら買えるかも」というようなできるだけ具体的な内容まで踏み込むべきであって「今目の前にあるチャートからどれだけ情報をピックアップできるか」「その情報からどのような意味を汲み取るか」という事が大事なのではと思っています。

先生もよく仰っていますが、未来を予測しなくてはいけないとか予測した通りじゃないとエントリーしちゃいけないという意味ではありません。

これは何度でも立て直すべきですし、朝じゃなくてはダメとか囚われず、夜寝る前とか朝起きてすぐとか、自分のルールで決めてやれば良いと思います。

11235813213455.net難しいことは特にありませんが、とても効果のあるトレーニング法であり、とても大事なことですので、やってない人であれば是非無理やりにでも取り入れるべきです。

時間が無い人のFXのお勉強『エントリーは厳選して短時間を意識!』

エントリーポイントは数じゃない。良いか悪いかです。

トレードやお勉強に充てる時間が無い人ほど(といいつつ多くの人にあてはまるような気もしますが)エントリーポイントはより一層厳選するべきです。

結論的には『時間がいくらでもとれるわけでは無い生活の中で、落ち着いてトレードする体制がとれるタイミングの時にエントリーするべきところでちゃんとエントリーして、さっさと適切な利益を得る』のが目的なわけです。

それが今後の生活の中で続いていくわけですから(時間的に余裕ができるほどお金持ちになるまでは)

エントリーするチャンスが月に1回くらいしかないというほどであれば別の工夫が必要かもしれませんが、そもそもチャンスがあっても気付かなかったり、変なところでエントリーして損失を出してしまうようであれば、足りないのはチャンスでは無くてスキルです。

リアルチャートを見ている時間より学習に充てるべきだというのはそこにあります。

11235813213455.net

また、わたしはしょっちゅう当てはまってしまうのですが、何か他の事をしながら隙間時間で行うチャート分析やエントリーは非常に危ういものになります。

大事なお金を扱うわけですから当然のことなのですが・・。

やはりこれも、落ち着いて出来るタイミングを見計らうなど、割り切る必要があるなと思うようになりました。

利確は短く(適切に)損切はあせらず

利確に関して私なりに思うことは「これ伸びるんじゃないかな、はヤメテおこう」です。

伸びるかもという不確かなチャレンジは、たとえ結果として伸びたとしても意味が有りません。環境認識的にこれは伸びるなとわかるようになったらやればいいだけです。

逆に伸びなかったとき延々と値動きを見ていなくてはならず、どちらに転んでも時間的にも労力的にも無駄になります。

上にもあるように、実際にお金を稼ぐようになった時の事を想定して思うことは「ちゃんとエントリーするべきチャンスでエントリー出来たというところが大事」「無駄なく適切な利益を持ち帰れたことが大事」というのが先生からのメッセージであると思っています。

11235813213455.net

夢を追う人は、ちょっと無理やりな新習慣を

先週に引き続きになるかもしれませんが、時間が無い人にとっては少々無理をしてでも「コレだけはやっていこう」という「ちょっとの無理の積み重ね」がとても大事であると思います。

そのちょっとがちょっとでは無くなり、新習慣が習慣になり・・。

決して苦行をやるということではありません。

ちょっとだけ、ルールを決めてみるだけです。

まだ読んだことが無い方は先生のお勧めする書籍を是非読んでみるべきだと思います。

11235813213455.net

FXは非常にものすごく夢があると思います。ちょっと大変かもしれませんが。

時間が無いと諦めるのはもったいないし、時間が無いからと今ある隙間の時間だけで細々とやっていくのも物足りません。

今年もあと少しですが、がんばってお勉強しましょう~♪