そのトレードもう一度できますか?FXで『再現性』のあるトレードをする為に必要な事。

『FX 再現性』

この組み合わせのキーワード、一度は聞いた事ないですか?

FXで勝つ事は誰にでも出来ると思います。1、2回は。

しかしFXで安定して勝ち続ける事は、一握りのごく一部の人にしかできません。

1、2回勝つ事と、安定して継続的に勝ち続ける事では意味合いが全く違います。

FXで安定して勝ち続ける=再現性のある勝てるトレードを繰り返し行うこと以外ありません。

もちろん相場に対して優位性のある手法を持っている事が大前提になります。

その上で勝ちトレードを継続的に再現させる事が出来るのかどうか、それはトレーダー自身の努力次第になります。

FXで再現性のあるトレードが必要な理由

  • ここまで上がったらそろそろ売りでしょう
  • インジケーターがあるから
  • フィボの数値にタッチしたから

根拠が全くない、もしくは根拠がまだ出そろってない所で感覚でトレードしてしまうのはダメです。

一番最悪なのはそれでたまたま勝ってしまった時。これは最悪です。

ロクに振り返りもせずに自分の中で正しかった事にしてしまう。

  • 勝ちトレード=正しいトレード
  • 負けトレード=間違ったトレード

のような思考に陥ってしまいます。

先生のようなプロトレーダーのいる勉強会に身を置いているのであれば、間違いを指摘して頂き気付く事が出来ますが、独学でやっていると間違った思考を軌道修正する事は出来ないと思います。

そもそも間違いに気付けないので、根拠の薄い、次に繋がる再現性のないトレードを繰り返してしまいます。

たまたま勝てた根拠のないトレード、未来の相場で同じようにできますか?という事。

再現性を高める為には

優位性のある手法を学んでいたとしても全ての相場状況で売り買いできる。という事ではありません。

どのような相場状況の時にその手法は効果を発揮するのか、これは繰り返し学習して自分の中に落とし込まなくてはいけません。

どれだけ素晴らしい手法を学んだとしても再現させる事が出来なければ宝の持ち腐れになってしまいます。

  • 正しい所で、正しく手法を駆使できるか

結局は自分自身の努力次第でトレードの再現性も変わってしまうという事。

毎日コツコツと学習を続けていく事がトレードの再現性を高める一番の近道です。

FXで 再現性の高いエントリーパターン

実際のチャートで再現性の高いエントリーパターンを紹介します。

ここで使用するツールは・・。

  • フィボナッチリトレースメント
  • フィボナッチエクスパンション
  • トレンドライン
  • エリオット波動

です。

あとはFXで最も大事な値動き(ローソク足の集合体)と横軸(時間)を意識して見てみたいと思います。

2020年11月1週目付近の相場を例に説明します。

4時間足

f:id:Bukouski:20201123030951p:plain

  • 4時間足直近で目立つのは下降(赤矢印)
  • 今までの上昇に対して短い期間でほとんど戻した
  • その後下降のフィボ50%まで時間を掛けて到達
  • 実際にフィボ50から下げるもあまり勢いはない

ここで注目したのは、実際に下降フィボ50付近から戻り売りが入った(緑矢印)があまり勢いがない事。

下降の戻し(青矢印)と戻しからの下降の波のサイズ感が同じくらい。

もし下降の勢いが強ければ直線的な下降が出ても良さそう。

実際に過去に効いてるトレンドライン付近で停滞している。

1時間足

f:id:Bukouski:20201123032913p:plain

  • 参考程度のフィボナッチエクスパンションの261.8に到達
  • 現在値に至るまでに徐々に買いが入ってる証拠が出ている
  • 前回上昇した所付近で実際に直近では強めの上昇が出た

この流れを見たら売りはとりあえず様子見となる。

今後の流れを見て買える動きになれば買いを狙いたい場面。

5分足

f:id:Bukouski:20201123035218p:plain

  • 1時間足上昇にフィボを当てると61.8まで一旦下げた
  • しかしV字で上昇
  • この動きを見て買いが確定
  • その後時間を掛けても全く下げていかず5分足横ばいの高値を抜けた
  • 1時間足フィボ38.2の上に乗ってきた
  • エリオット波動的5波を数えて買い
  • 利確は1時間足直前高値辺り(5分足黄色線辺り)

ポンド円5分足のあるあるな動き

f:id:Bukouski:20201123041043p:plain

5分足横ばいの高値を抜けた後のエリオット波動的動きの5波目が勢いがある、下げが深い。

これは本当によくある動きです。

例えば3波目に買ってしまったとして、5波の少し勢いのある下げに騙されて損切してしまう、なんて事にならないようにして下さい。

更にその後、1時間足フィボの38.2にわざわざタッチしに行き、陽線で確定する動きもよくあります。

理想は5波目のトレンドライン付近での買い。

しかしその後の「もう下には行けません」というフィボ38.2タッチ後の陽線確定でも遅くはないと思います。

こういった動きは5分足では多く見られるように思います。

但し上位時間足での流れを踏まえたうえでの最終的な5分足でのあるあるな形、という事です。

5分足だけを見てエントリー!では再現性も何もありません。

上位時間足での形と5分足の形がリンクした時だけ有効です。

その他にも学習を重ねていく事で今まで気づけなかった事が徐々に見えてくるようになります。

再現性のあるトレードを淡々と繰り返し出来るよう日々訓練あるのみです!