FXマルチタイムフレーム(MTF)を使ったチャート分析でトレードスキルアップ!

マルチタイムフレーム分析はFXにおいて必須スキルです。

その名の通り様々な時間軸を確認してチャートを分析する、という事です。

しかし難しい。なんとなく概要を知ることが出来ても実際にどのようにチャート分析に織り込んでいけばいいのか、どの時間足を見て何を考えればいいのか?自分も最初の頃は全くもって分かりませんでした。

マルチタイムフレーム分析を身に付ける為には、繰り返しリアルの相場で実践して経験を積んでいく事と、日々学習していくしかありません。

分かるようになってくると、きっとチャート分析が楽しくなるはずです。

FXマルチタイムフレーム分析はどの時間足で何を考えればいいのか?

FXのトレードスタイルによって見る時間足、重要視する時間軸は変わってくると思います。

FX勉強会では・・。

  • 4時間足(たまに日足)・・長期足
  • 1時間足・・中期足
  • 5分足・・短期足

という感じで、複数の時間足を見てまずは計画を立てる。計画通りになればトレードする、といった流れになります。

基本はもちろん順張りです。

それぞれの時間軸で相場分析ツールを使って、どのように分析していくのかを考えていきます。

4時間足(長期)

  • まずは4時間足(日足)の大きな時間軸で大まかな方向性を確認します。大まかな流れ(トレンドなのかレンジなのか)
  • 大きな時間軸での抵抗体の確認

1時間足(中期)

  • 今現在の場所はどのように形作られてきたのか(勢い、横軸)
  • 直前の動きを見て買い、売りどちらが有利なのか(目線を決める)
  • 押し目戻り目のポイントを見つける

5分足(短期)

1時間足で狙った所の動きを細かく見て、タイミングを取ってエントリーする

。重要なのは1時間足で見立てた押し戻りポイントにどのように到達したのか、到達後はどのような動きなのかを、ちゃんと観察する事です。

どの時間足にも共通して言える事ですが、数値とラインだけを見て値動きを無視してしまう、というのは危険です。

フィボの数値に到達したから売ります、買いますは絶対ダメです。

その数値(あるいは何かの抵抗体)までどのような形で到達したか、到達後の動きはどうなのか、をしっかり見て確認する作業が超大事です。

FXマルチタイムフレーム分析で実際に行ったトレードを紹介します! 

2020年10月23日ポンド円

f:id:Bukouski:20201024023907p:plain

2回エントリーして計60.0pips獲得する事が出来ました。

このトレードに至るまでのマルチタイムフレーム分析を説明したいと思います。

4時間足

f:id:Bukouski:20201024024318p:plain

大まかな流れから見ていきます。

  • 4時間足で見ると目立つのはフィボを当てた下降が目立ちます
  • 直線的な下降に対して現在は戻しの動きとも取れます
  • 直前の動きは下降フィボ50%にわずかに届かず下げてまた再度50%を試しに行きそう
  • しかし現在は上げた先っぽ。前回高値付近
  • 前回下げた所は次回も下げやすいという相場の法則がある

1時間足

f:id:Bukouski:20201024025803p:plain

直近の動きを見て目線を決めていきます。

  • 直近の動きは上昇の方が目立つ
  • 4時間足下降フィボ50%辺りからの下げを同じくらいの時間を掛けて戻している
  • 特別上昇の勢いが強いとは言えない
  • しかし事実として直近は上昇の方が強いし、4時間下降フィボ50%付近から実際に下げたがほとんど戻した
  • 押し目からの買いを狙いたい

現在は上昇した先っぽなのですぐに買う事はできません。

1時間足レベルでの戻しを待つか、高値を抜けていくような動きになれば抜けた戻しを狙うかのどちらかになります。それまでは様子見です。

f:id:Bukouski:20201024031539p:plain

この動きが一番わかりやすいです。

もしくは、、。

f:id:Bukouski:20201024031908p:plain

直前の高値を超えた戻しで買うか。

いずれにしてもどのような動きになるかしっかり確認する必要があります。チャンスは都合よくすぐにやってくる事は中々ありません。

しっかり待つ事もFXトレーダーの仕事です。

f:id:Bukouski:20201024035039p:plain

このような動きになったら買いは様子見です。

実際の値動き

f:id:Bukouski:20201024032735p:plain

想定した動きに近づいてきました。直前上昇フィボ38.2もありますし、前回上昇した所でもあります。

ここですぐに買う!という事ではなくて5分足でどうなるか確認します。

5分足

f:id:Bukouski:20201024033820p:plain

5分足下降起点にフィボナッチエクスパンションを当ててみると、FE261.8が1時間足直前の上昇フィボ38.2のあたりにきます。

実際にそのライン付近に近づいてくると勢いが弱まってきていることが分かります。

動きが少し停滞して実際に上昇を始めそうな所で買い。これが①の買いです。

画像には映ってませんが200MAの所で利確。

②の買いは、実際に意味のある所から上昇したのを確認して、その戻しがいつものエリオット波動的5波で下げてきた。下側トレンドラインに抑えられた所で買い。

前回の高値付近で利確。

このトレードが正しかったのかどうかは先生の解説動画でしっかり確認して振り返りたいと思っています。

そして、トレードスキルが上がっていくように今後も勉強頑張っていきます!