難しく考えすぎがちなFX。勝つため稼ぐためにやるべきことは、ややこしいことではありません。

FXは、とても難しい。

学習していると、常日頃そうおもいます。

しかし、覚えきれないほど膨大な量の何かを覚えなくてはいけないというようなことでは無いし、とても難解な理論を理解できなくてはいけないという事もありません。

FX勉強会の先生は「正しい努力」をやるだけだという明確なポイントを教えて下さっています。

わたくしなりに学習してきて『なんだ、もっと早く気付いていれば良かった』ということは多々あります。

どれも、ややこしい話ではありません。

FXは難しく考えすぎると稼げません。バカ正直に一つの手法を学べばよいのです。

FXで稼げるようになりたいのであれば、FX勉強会の手法をお勧めします。

そして、FX勉強会の手法を学ぼうと決めたのであれば何よりも一番大事なことは、この勉強会で教わること以外の「手法」「知識」「情報」は一切排除することです。

これはFX勉強会に所属しているかいないかは関係なく、所属せずに独学で学んでいる人こそ特に注意すべき点です。

(もちろん、所属した方が良いのは言うまでもありませんよ!)

そういう方向性の話に触れると「宗教みたいだ」とか「様々な手法や知識はみんなプラスにしかならない」と思う人が少なからずいると思いますが

「余計な知識や情報は逆に害悪にしかならない」

「というか、あれこれ余計なモノをごちゃ混ぜなんておっかなくてやろうとも思わない」

ある程度学びを進めていくと、この2つのことを「論理的」に理解することができます。

ややこしく言うつもりは無いのですが「あ、なるほど。そういうことか。」と理解できるという事です。

11235813213455.net

何よりも、最短最速でお金を増やす為には本当に必要なモノのみに集中すべきだというのは当たり前なことですので、この部分に関しては本当に神経質すぎるくらい注意した方がお得になります。

難しく考えすぎがちなFXだからこそ、簡単なコト・できるコトはきちんとやっておきましょう。

最短最速で稼ごうというと、どうしても方法論や知識的なモノの方へ関心が向かいますが、誰でも簡単にできる準備をなるべく完璧に近い状態にすることが重要です。

11235813213455.net

先生の動画やブログ等でおなじみの、白い背景のシンプルなチャート。

これは、先生がチャートで解説するためにいつもトレードで使っているものとは別に用意された画面というわけではありません。

f:id:kuroneko-takepi:20201022224902j:plain

これはわたしのチャート画面です。

f:id:kuroneko-takepi:20201022225757j:plain

ローソク足は陽線がつぶれないサイズで。MAや水平線は最小限の細さで。

本当のマジで、上記のブログで説明されているチャートのみでバリバリ勝っている人が勉強会内には大量にいらっしゃいます。

勉強会に所属している人であれば、チャートやフィボナッチリトレースメント等のツール類の設定を詳しく知ることが出来ますが、独学の人だとちょっとわかりにくいかもしれません。

しかし、FX勉強会の手法を最大限に効率良く習得したいのであれば「寸分たがわぬレプリカか」というぐらい、先生の設定通りにセッティングしましょう。

これにはセンスや努力といったものはまるで必要ないですしお金もかかりません。

師匠に大切なものごとを教えて頂くときに

「師がどのように見て・感じて・考えているか。なるべく近い目線で見たい」という気持ちは、色んな習い事全般の当然な気持ちだと思います。

なるべく師匠と同じものを使いたいのですが、習い事によってはバカみたいに高くて買えませんがFXは殆ど無料です。

先生のブログ等、発信されている情報を意欲的に拾い集めて「先生の考え方ややり方」をこれまた神経質すぎるくらい研鑽する人の方が、結果も出やすいようです。

「ラインの色や太さがちょっと違うだけだから関係ないでしょ」

「自分にとって見やすく工夫してるからいいでしょ」

「工夫してる」と言い張るとややこしいのですが、移動平均線は何を使うかやラインの太さなどは手法や思想ともいえる部分になりますので

「実力が無い人の言う工夫」をして良いところではありません。

「ちょっとくらい関係ないんじゃない?」

「そんな事トレードに関係ないんじゃない?」

こういうナメタ気持ちや態度が成長を妨げているかもと思い、設定を見直したことがあります。(まだ隙があるかもしれませんけど・・)

最短最速へのヒントは、チャート設定に限らず「師匠のマル真似」に数多くあります。

(つづく・・)