FXトレードで簡単に使える!フィボナッチFR23.6%の鉄板パターン

f:id:takumikogamiya:20200906192635p:plain

FXトレードをする上での基本は戻り売りに押し目買いです。

戻しを待つにあたり戻しが極めて浅い時等チャートを見て迷う場面は多々あります。

そんな時に簡単に使えるのがフィボナッチリトレースメント(FR)23.6%です。

f:id:takumikogamiya:20200906192637p:plain

私はこの局面にて売りで45pips利益が取れました。

今回はFXトレードで簡単に使えるフィボナッチ23.6%の鉄板パターンを紹介します。

FXトレードはフィボナッチを使い戻りを待つ事が必須

普段使いならより簡単にフィボナッチは38.2%と61.8%で待ち構えるだけ

フィボナッチリトレースメント(FR)を使って戻しを待つ場合に考える事は至って簡単。

例えば私が考える事はこんな感じです。

f:id:takumikogamiya:20200812172607p:plain

FX勉強会を運営されているプロトレーダーである師匠の考え方はもっと鮮明です。

【FX手法まとめ完全版】【これだけで勝てる】正しいフィボナッチリトレースメント使い方

何度見てもフィボナッチの基礎基本がとても勉強になる解り易い内容です。

知っていれば使い所は満載のフィボナッチFR23.6%

フィボナッチFR23.6%の使い所はたったの2つだけです

買いたいけど売りたいけどなんか戻らいな~って時は必須ツールです。

フィボナッチFR23.6%が効いている場面は次の2通りです。

”上昇の勢いが強い(買いの力が強い)時”

”下降の勢いが強い(売りの力が強い)時”

だけです。

必要事項を踏まえたフィボ23.6%が簡単に使える鉄板パターンの紹介

f:id:takumikogamiya:20200906202132p:plain

ポンド円 2020/09/02 4時間足。

4時間足では誰がどう見ても綺麗な右肩上がりの上昇トレンドです。

直近上昇の戻しを見るのにフィボナッチリトレースメント(FR)を使います。

押し目買いの基準であるFR38.2%までは戻さず買いの力が強い伸びた先になります。

上昇起点FE161.8で止められる訳でも無く上抜けている事がわかります。

4時間足レベルでの環境認識は上昇トレンドなので先ずは買いを考えておきます。

上位時間足ではフィボナッチFR23.6までしか戻さない上昇トレンド

f:id:takumikogamiya:20200906204556p:plain

ポンド円 2020/09/02 1時間足。

続いて1時間足です。

現在値は1時間足で見ても直近上昇FR23.6%までしか戻っていない状況です。

ただ気になる点としては伸びた先から短時間で上昇が戻されている事です。

直近でも2回明確な売りが入って来ております。

上位時間足に従い単純に買っていれば良い相場とも言えない状況になって来ました。

通常の戻しとは違うフィボナッチFR23.6%は浅い戻しに注意深さが必要

f:id:takumikogamiya:20200906202156p:plain

ポンド円 2020/09/02 5分足。

最後に5分足です。

5分足では直近上昇が全て戻されています。

っという事は売りの力が強くなっている様にも見えました。

私は上位足に従った押し目買いよりも売って行く選択肢を選びました。

戻り売りの基本であるフィボナッチリトレースメント(FR)を使います。

先ずはFR38.2%かFR61.8%付近まで戻して止まる様であれば売って行きます。

f:id:takumikogamiya:20200906202220p:plain

ですが様子見をしていると全然戻しが無い状況になります。

正に横這いです。

こういう場面でようやくフィボナッチリトレースメントFR23.6%の登場になります。

時間が経ってもFR23.6%で抑えられ付けられる動きです。

更に5m200MA付近まで待ちます。

チャートの右側迄待ってもFR23.6%から上がって来ないのを確認して売って行きます。

杓子定規でフィボナッチFR23.6%を使うと死ぬパターン

f:id:takumikogamiya:20200906202128p:plain

ポンド円 2020/05/18 4時間足。

4時間足では下降トレンドです。

下降起点FE161.8%付近まで下降しています。

上昇FRで見ればFR61.8%付近まで戻す深い戻しです。

売りの力が強そうだけど4時間足、1時間足共に下げた先の節目だよ

f:id:takumikogamiya:20200906202118p:plain

ポンド円 2020/05/18 1時間足。

続いて1時間足です。

1時間足では4時間同様に売りの勢いが強い事がわかります。

直近下降にフィボナッチリトレースメント(FR)を使います。

直近下降FR38.2%まで戻さない強い下降です。

ですが下降起点FE261.8%付近まで到達しています。

4時間足も下降FE161.8%付近まで下降しており行きつく所まで来た感じもします。

5分足で浅い戻しフィボナッチFR23.6%からのやらかしパターン

f:id:takumikogamiya:20200906202115p:plain

ポンド円 2020/05/18 5分足。

先程の4時間足、1時間足で下げた先で二つの下降FEの節目ポイントまで到達。

直近下降にFRを使えばなんだかFR23.6%付近で止められている様にも見えます。

じゃあFR23.6%売りの勢いが強いんだから安易に考えて売ります。

するとどうなるのか?

f:id:takumikogamiya:20200906202112p:plain

なんか効いていそう程度で売るともちろんどえらい事になります。

少なくともFX勉強会の師匠がいつも仰っておられます。

FXトレーダーが選ぶ選択肢3択問題

”買う”

”売る”

”様子を見る(見送る)"

出来るだけチャートの右側まってから選ぶ選択肢が必要になります。

具体的なトレードで使えるフィボナッチFR23.6%パターン

先日FX勉強会の師匠がフィボナッチFR23.6%をより解り易く解説されております。

【手法】勝率100%を目指せ!勝てる!FXフィボナッチトレーニング

困った時のフィボナッチ!

覚えるだけで格段にFXトレードの勝率は変わって来ます。

是非ご覧になって勉強して見て下さい。

今日も一日勉強頑張って行きましょう!