FXのおいしいエントリーポイントは「〇〇しちゃった!」の後に隠れています

チャンスを逃しちゃった!と思う事が私はよくあります。

そしてよくよくチャートを見てみれば、先生の動画解説や勉強会内のトレード報告で「よく見るカタチ」になっていたりして・・。

教わった通りの環境認識をして注意深く見ていけば、わりと簡単に獲れそうだったのになぁ・・と。(後悔してるときは簡単そうに見えるんです)

そういうとき、ひとつの値動きが終わって次の展開に行くところなんだと思い込んで、例えばCSの方へ集中を移してしまうなど、リアルチャートから注意を離してしまう事が多いです。

しかし、そうこう目を離しているうちに再度ググーッと値が動いて、またもや大チャンスを逃してしまった!なんてことが少なからずありました。

FXのおいしいエントリーポイントは「フシアナ」さんには見えません。

2020年8月27日のポンド円の相場です。

f:id:kuroneko-takepi:20200908210857p:plain

4時間足で見るとグイグイとひたすらに上昇していることがわかります。

f:id:kuroneko-takepi:20200908212545p:plain

25日に約140pips上昇したあと、前日26日はほとんど1日中もみ合い、そして27日も夜までひたすらにもみ合い、わたしとしては「買うにしても売るにしてもどうしたらいいかわからない相場」でした。

f:id:kuroneko-takepi:20200908214324p:plain

20時頃を中心にいったん下降したのち、下降を否定する形で約70pipsの上昇がありますが、ここは私は眼を離していました。

見た時にはすでにもみもみのもみ合いになっていて(もみ合いに戻ったと思い込んでいて)まぁ仕方ないさと気が抜けておりました。。

しかしここは、キチンと環境認識をしたりチャート分析をしていれば、買いの大チャンスであると解りますよね?

ちなみに先生は、この下降の先っぽでエントリーされたそうです。

わたし(フシアナ)には何がどう転んでもここではエントリー出来ないと思いました・・。

しかし、先生のポイントは無理だとしても、このもみ合いからのエントリーなら学習次第で出来るはずです。

FXには、2度あることは3度でも4度でもあります。

そして翌日、1時ごろから10時ごろまでもみ合いがありますが、これもただのもみ合いじゃないですね?

ちゃんと見る目があればこれは「急上昇のあと、上昇のチカラが強くて戻しが横にジグザグになっているカタチ」だとわかるわけです。

これに限らず、チャンスが多いか少ないかは相場状況等もありますが、無いわけではありません。

「簡単なカタチ」だと頭でわかっているチャンスを実際に目の前にしてチャンスと認識して、サッと獲るには学習と訓練が必要です。

FXは、チャンスは何度でも巡ってきますが、学習と訓練を怠ると何度でも空振りするようです。

FXのおいしいエントリーポイントは、いつも「○○の後」にあります。

2020年4月30日のポンド円の相場です。

f:id:kuroneko-takepi:20200908220455p:plain

f:id:kuroneko-takepi:20200908220512p:plain

当時のわたしはこの辺りの相場でいくつもの「○○しちゃった」が有ったのですが

  1. 下降エリオット5波終了からのV字急上昇
  2. 30日の夕方、わかり易い戻しからの急上昇
  3. おまけに急上昇後に再度わかり易い戻しからの激爆急上昇

当時のわたしは、えぇぇ??ってな感じで見送ってしまいました。

一つ目のV字上昇はわたしとしては獲れなくても問題ないという認識ですが、二つ目の戻しからの上昇は気付きそうなもんだけどな・・という思いでした。

三つ目の超わかり易い戻しからの激爆急上昇は、いったい自分は何を見ていたんだと落胆しました(笑)

そうかといって、ここを追っ付けで無理くりエントリーして適当に獲ればいいというのは論外です。一生そんなエントリーをするつもりか?と自問して、それならやらない方が潔いです。(笑)

FXは事実に基づいて対応をしましょう。

わたしは「FXは起きた事実に基づいてトレードするもの」

と教わっております。

『●●しそう。▲▲だろう。』に基づいたトレードでは無く

『◎◎した。□□したけど全否定する動きがあった。』等の

実際に起きた値動きの意味に基づいてトレードをするという事です。

それを踏まえて振り返ってみると「もう逃しちゃった」というマイナスな意識はとりあえず置いておいて、ハッキリした動きが出た後にどのような動きが考えられるかを考察していればチャンスを掴めたかもしれないし、何よりも次に活かすことが出来ます。

待ち構えていたチャンスを逃したり負けトレードをやると少なからずショックを受けることもありますが(寝込みたくなるときも有ります)勝ったからカッコ良いとか嬉しいとか負けたからとかカッコ悪いとかショックだという意識を出来るだけ切り離して「今後の自分にとってプラスになる事」を出来るだけ意識するように努めています。

FX勉強会は正しい学び方を学べる場だからこそ、勝っても負けても、あらゆる経験を将来に活かせるのです。