「FXで勝つ」を簡単にする!FX勉強会のケーススタディは漫然とやるとモッタイナイ!

FXの学習をしていると「もっと時間があるといいのにな」とか「もっと学習の効果があらわれたらいいな」とか考えるときがあります。

それは要するに、FXで勝てるようになりたいということですね。

私は以前のブログにも書きましたが「ガンガンエントリーしてガンガン稼ぐぞ」という方向性ではなく

私にとって『FXで勝てるようになる』とは『負ける率が限りなく低い「ゆるぎない勝ちパターン」を習得したい』という方向性だと定まりつつありました。

しかし、学習内容やリアルタイムでのトレードを振り返っても、どうもモヤモヤと結果が有るような無いような(笑)(全然笑い事じゃないけど)

そんなある日、学習の方法とか時間がなんだとかっていうより、学習にかける目的意識的なものが↑の方向性とマッチしてないからモヤモヤとするのかもと思い当たったのです。

FXで簡単に勝つために、簡単に勝てるパターンをきちんと押さえましょう

f:id:kuroneko-takepi:20200627000523j:plain

2020年6月ポンド円 1時間足

f:id:kuroneko-takepi:20200627000709j:plain

2020年6月ポンド円 5分足

私はこういうチャートパターンが大好きです。

ある方向の値動が止まり反転し、ググーッとまた動き出す。

これ以外にも

f:id:kuroneko-takepi:20200627002824j:plain

2020年6月ポンド円 1時間足

こういうフィボナッチリトレースメントの数値ぴったりでしっかり反転する例など多数あります。

こういうパターンの好きなポイントは

  • 見た目からして簡単でわかり易い
  • おそらく再現性がとても高い
  • 反転したあとの動きがケチケチしてない(シビアに利確しなくても損失になる事が少ない)
  • 値幅も割と大きい

とまぁ、わざわざ書かなくてもわかりきっている事を書いてみました。

ケーススタディなどのFXの学習は、漫然とやるともったいない!

しかし、私が今までケーススタディをやる時に何を意識していたかといえば。

とくにありませんでした。

先程のチャートの続きを例とすると

f:id:kuroneko-takepi:20200627004533j:plain

f:id:kuroneko-takepi:20200627004546j:plain

これは実際に私がやったケーススタディのチャートではありませんが、例えばこんな感じでというモノで・・

ケーススタディで何を学習するか、習得するかという意識が

  • 値が動いて利益が獲得出来ているところを探し
  • その前の前兆的なトリガーとなる値動きを探す
  • さらにその前の環境を上位時間足などで確認する

文字にすると硬いし何が言いたいかチョッと解りづらいですが・・

わりと機械的に、「獲れるポイント」を淡々と探してルーティン的になっていた、と言えばわかりやすいでしょうか。

この、機械的なルーティンというものがとてもくせ者です。

自分では決してそんなつもりでやっていたわけではありませんが、もしかして私の脳内では

f:id:kuroneko-takepi:20200627010845j:plain



こんなことになっていたかもしれません。

たくさんの勝ちパターンを毎日の学習で確認していけば段々と相場がわかるようになると思い込んでいたのですが、一番上の画像の「とても美味しいポイント」と「とりあえずは獲れるけどとても質が悪いポイント」をごっちゃにして身に着けようとしても、かえって何がチャンスなのかが明確では無くなっていたのではと思います。

FXで簡単に勝ちたければ、簡単なポイントを覚えたらいいのにね!

このような振り返りや反省をすると、想像以上に自分がバカなのだと思い知らされることになるのですが、FXで簡単に確実に勝つためには「簡単かつ確実な良質なエントリーポイント」を学べばいいんですね。

もちろん、形だけ丸暗記するわけではありませんが。

先生も日頃あちこちで「簡単に儲けるところを・・」という旨の発言を多くしていらっしゃいますし、「そんなに難しく考えると勝てないよ」という旨のお言葉もありました。

大体、この先10万100万と背負う金額が増えていったとき、少しでも怪しげなポイントにエントリーしようと思えないというか、怖くて何もできなくなってしまいそうだなと想像します。

『FXで勝てるようになる』とは『負ける率が限りなく低い「ゆるぎない勝ちパターン」を習得したい』のであれば、まんま素直にそういうパターンを意識していつでもエントリーできるように鍛えればいいだけのことかもしれません。

ちょっとだけ「そんな美味しいポイントはチャンスが少ない・・?」なんて思ってしまいますが・・

確かに、美味しいポイントは毎日わんさかと有るわけでは無いかもしれませんが、少なく見ても週に一度だけしか獲れずにそれぞれ2~30pipsの利益だったとしても、月間では100pipsくらいは獲れることになります。

レバレッジによっては、10万円やら100万円以上やら獲れるわけで・・

月間マイナスで泣いてみたり、獲れたり獲れなかったりの日々を送る私のような学習中の身であれば、まずは素直にわかり易いところから学ぶ事に、何も問題はないはずなのです。