FXトレード技術向上は一朝一夕ではムリ!悩んで考えて修正するから上達する!

f:id:Bukouski:20200517005945p:plain

2020年5月6日のポンド円、売りで55.0pips獲得。

”結果”勝ててはいますが、この場面での売りトレードは本当に正しかったのか?

勝てたからいい!では無く、勝ち負け関係なく1つ1つのトレードをちゃんと振り返る事は、今後勝ちトレードを増やし続けていくために重要です。

特にこのトレードは反省しかない酷いトレードでした。

 FXでトレード技術を上げたければ勝ちトレードもしっかり振り返る!

FX勉強会では毎週末、先生による一週間分の全エントリーポイントの超具体的な解説動画が配信されます。

先生が一週間どのような目線、考え方で相場を見ていたのか、自分自身の考えていた事とのズレを確認できて答え合わせが出来る。

もちろん冒頭の売りトレードの所も解説がありました。

上の方での売りは問題ない。

しかし冒頭の部分は・・

『こういう所でしか取れないトレーダーの実力というのはたかが知れています』と。

あ、オレここで売ってる・・・ドキッとしました。

しかし先生がそう仰るのも当然の理由があったんです。

f:id:Bukouski:20200518040556p:plain

自分が売りのトレードをしたのは4位間足では赤の縦線部分。

上昇FR38.2付近での売り。もうこの時点で終わってるわけです。

FR38.2の存在は見ていましたが軽視していました。

そもそもこの付近はトレードする所ではなく、どのような動きになるか様子を見る場面で、動き方次第では逆に買いを狙えるポイントでした。

  • 4時間足直近は上昇が目立つ
  • 時間を掛けてようやくFR38.2まで戻してきた
  • 買いで狙っている人たちは上昇の押し目候補として見ている
  • 上の方で売った人たちの1つの利確目安になる所

反発しそうな要素が沢山ある所での売り。しかも下げた先っぽの方で下抜けするだろうでトレードをしていました。

f:id:Bukouski:20200518044945p:plain

わざわざ壁に向かって自殺行為のトレードをしていたんです。こう見ると本当に間抜けな事をしました。

修正して次に活かす事でFXのトレード技術は上達する!

その後の動き。

f:id:Bukouski:20200518061622p:plain

やはり上昇FR38.2のラインが意識されている事がわかります。

一旦下に抜けはしますがすぐにラインの上に戻される。お買い得な所からの買いが殺到している証拠です。

その後は時間を掛けても下げていかずに上昇していくこの動きが、FR38.2付近の値動きの意味として正解だったんです。

上昇すべき所から実際に上昇が始まった事実を見れば、やはり意識されているという事が分かります。

逆に上昇してもいい所で下に勢いよく抜けて行くようであれば下降が強いと見る事ができ、次の目的地はどこか?と考える事も出来ます。

数値ばかりに着目するということではなくて、実際に意識される所でどのような動きになったのか、その数値は意味ある機能を果たしているのかしっかり見る必要があります。

つまり自分がトレードした所は何かする場面では無くどのような動きになるのか、値動きの意味を考える所でした。

意識されるであろうライン付近での動きをよく見たうえで、事実を踏まえてトレード計画を立てる作業をする場面だったという事。

今回のトレードのように自分自身まだまだトレードの精度は素人です。

事実なので素直に受け入れる必要があります。

しかし一つ一つのトレードからいくつもの気付きや学びがあるのも事実です。

自分のヘタクソなトレードを受け入れて、丁寧に修正を積み重ねていく事でしかトレード技術の向上はできないと考えてます。

勝ったからいいか!で放ったらかしにせずにしっかり振り返る事で見えてくるものは多くあります。気付けるとやっぱり楽しくなってきますし、次のトレードにもダイレクトに活かせる所が出てくるはずです。