FXトレードノートで勝てるトレーダに変身

FXでトレードノートを書けば勝てるトレーダへなれる!

と思って書き初めてみたものの、

書いたことで満足

きれいにまとまったノートを見返してニヤニヤ

していませんか?

ええ、自分もついついやってしまいます。

学生時代にきれいにノートを取ったけど、見返すことはなかった。

参考書や問題集を買ってきても、やり終わったときのとんでもなく成長した自分を想像してニヤニヤして、結局やらずにおしまい。

仕事をするようになっても、新しい手帳を買っては数行しか書かず、ほぼ真っ白な手帳が毎年積まれていく。

こうして振り返ってみると、自分ってすごく出来の悪い人という感じですね。

そんな自分でも続けられているFXトレードノートを紹介します。

きれいなFXトレードノートは必要ない?

自分のような人にとっては、きれいにFXトレードノートを作ると、作ることだけで満足してしまいます。

FXトレードノートを作ることが目的となってしまう。

ノートを作るのに時間がかかっているので、頭を使って考えてなくても、トレードの勉強をした気分になってしまう。

紙でもPC上のノートでも関係なく、上のような状態になってしまうことありますよね。

FX勉強会の先生がよく仰るのは

「ノートはトレードしない」

自分の場合は、まずきれいにまとまったFXトレードノート作りは止めました。

それではどんなFXトレードノートを書けば勝てるトレーダになれるの?

それでは、いったいどんなFXトレードノートを書けば、自分のようなズボラな人でも勝てるトレーダになれるのでしょうか?

(スボラなままだと、勝てるトレーダにはなれないかもしれませんが。)

まずは、FXトレードノート作成に時間を掛けないこと

FXトレードノートを作るのに時間を掛けないことで、その分トレードの振り返りに時間がかけられるようにする。

例えば、FXシナリオであればMT4のキャプチャー画像を取っておいて、各時間足のシナリオを記録しておく。

FXトレード記録であれば、同じくキャプチャー画像とpips数だけ記録する。

自分の場合は、各時間足のキャプチャー画像ごとにファイルがあるのも後で見づらいので、OneNoteで1ページに張り付けて終了。

とにかく、トレードシナリオ・トレードの記録を残しておくのが目的で、記録するのを忘れたとか面倒だからさぼってしまうことが無いくらい簡単にしておきます。

また、PCのツールも色々あると思いますが、どのツールを選べばよいかとか調べたりする時間ももったいないですよ。

次に、思考するためのFXトレードノートを書くこと

思考するためのFXトレードノートの書き方については以下を参照して下さい。

11235813213455.net

ここで、紹介されているFXトレードノートを自分もやっています。

こちらは紙のいわゆる大学ノートに手書きで書きまくっています。

後から見直すことは考えずに、改行も空間も開けずにFXトレードに関して思ったことや気づいたこと、疑問等々、書いていきます。

そうやってFXトレードの課題などをつらつらと書いていると、不思議なことに疑問とか「こうやってみたらどうだろうか?」といったアイデアなどが、どんどん浮かんでくるのです。

それをまた思い付くままにノートに書いていきます。

整理してまとめて書くのとは全く反対のイメージなんです。

自分は今まで日記なども書くのが苦手で全く書けなかったのですが、このFXトレードノートであれば結構書けます。

考えながら書いているといつの間にか数十行も買いていることに後になって気付くのです。

その中から自分のFXトレード課題を見つけたり、

その課題を解決する方法のアイデアが浮かんできたり、

FX相場の値動きの意味の理解が進んだりすることもあります。

思考するためのFXトレードノートは、紙のノートに手書きするのが自分には合っているみたいです。