再現性100%!!FX勉強会のみんなもやった200MAタッチ買い

f:id:wakakiyo1188:20200412182359p:plain

4月3日金曜日FXポンド円。

1週間の相場がそろそろ終えようとしていた日本時間午前0時過ぎ。

FX勉強会サイト内のスレッドに大量のトレード報告が寄せられた。

200MAタッチからの買い。

全員同じポイント。

再現性100%のエントリーだった。

200MAを使った再現性100%のFX手法とは?

わかっているだけでも20数名のFX勉強会メンバーが同じ場所で買いエントリー。

正に再現性抜群。

その方法はいたってシンプル。

ローソクが1時間足の200MAにタッチしたらエントリーする。

これだけ。

f:id:wakakiyo1188:20200412183023j:plain

1つ条件を挙げるとすれば200MAの傾きがしっかりと出ている事。

横ばいの形の様にウネウネしていたらNG。

f:id:wakakiyo1188:20200412183518j:plain

シンプルで再現性が高いFX手法だが200MAだけ見ていればいいのだろうか?

とてもシンプルで再現性が高い200MAタッチ。

ではMAだけ見ていればいいのかと言うとそうでもない。

やはりエントリーポイントまでの値動き、流れを見た方が確度は上がる。

自分自身も当該エントリーポイントで買いを行ったが200MA以外にも見ていた所が2点ある。

1つ目、戻さない

f:id:wakakiyo1188:20200412190557j:plain

まず1点目。

直近の上昇に対し全く下げない。

下げないという事は上昇が強いという事。

つまりどこかで買いたいと考えるべき値動き。

2つ目、揉み合い下限

f:id:wakakiyo1188:20200412192115j:plain

1時間足を拡大した所。

上昇の動きが一旦落ち着いて横ばいのような動き、揉みあいになった。

このような動きの時はレンジ戦略が有効なケースが多々ある。

それは『上から売って、下から買う』だ。

今回の場合は上昇相場なので下から買うのみが該当する。

以上の2点を踏まえて考えていたこと。

『直近は上げているので買い目線。かと言ってどこでもいいわけじゃなくて根拠がある所で買いたい。且つ出来る限り下から。』

という視点で値動きを見ていると下げてきた。

揉みあい下限水準で200MAから買えそうだなぁ。

(エントリーポイントの1時間前。)

でも今から離席しなきゃいけないし監視できないなぁ。

考えた挙句、指値エントリー指値決済を設定。

トレード時間9分の省エネトレードで20pips。

ちなみに、普段のエントリーはローソク確定で入っている。

指値エントリーすることはまず無い。

今回指値エントリーが出来たのは監視できていた場合でもタッチエントリーするつもりだったから。

そして自分にとって200MAと言うのは買うための1要素。

『200MAにタッチしたからエントリー』だけで終わらせずに「200MAが無かったら買えるかどうか?」と少し吟味してみるとFXトレーダーとしての思考が深まるかもしれない。