FX、1トレードで300pips獲得!再現性のあるFX手法を詳しく紹介します。

f:id:hajime0707:20200325202106p:plain

ポンド円で久々のビッグトレードが炸裂!

今年№1の鬼トレードが炸裂しました(笑)

・・・数年前にどこかで見たセリフですね(一度言ってみたかっただけ。ご健在なのかな?)

300pips取れたのはたまたまですが(大きく動いている相場だから)、ここでの売りは再現性があり高確率で取ることができます。

今回は、このFXトレードの環境認識からエントリーまでを詳しく解説します。

日足、4時間足の環境認識

まずは日足の環境認識から。

現在のポンド円は一方的な下げ相場なので、普段使っている4時間足や1時間足だけではどこまで下降するかを予測することが難しいです。

なので、今回は普段ほとんど使わない日足で環境認識をします。

f:id:hajime0707:20200325201922p:plain

とんでもない下降ですね。

特に直前は下降の力が強く、2000pipsほど戻しなく一気に下降してきています。

下降の起点となるところにフィボナッチエクスパンションを当てると、

f:id:hajime0707:20200325201942p:plain

FE261.8付近で反発しているように見えます。

また、このポイントを遡ってみると、

f:id:hajime0707:20200325201958p:plain

ここは過去に買いが入ったポイントであることも分かります。

意味のあるポイントで反発上昇しているので、何も考えずに売りばかりを狙うのは怖い局面に差し掛かったのかもしれません。

ただ、このままV字で上昇していくことも考えにくいので、戻り目からの売りを狙いたいと考えていました。

f:id:hajime0707:20200325202022p:plain

次に4時間足の環境認識。

日足同様に、直近はとても下降の力が強いことが分かります。

しかし、上位時間足の意味のあるポイントから強めに反発してきています。

この反発がどこまで上昇するかを予測したい。

直近の下降にフィボナッチリトレースメントを当てると、

f:id:hajime0707:20200325202040p:plain

FR38.2付近までは上昇してくるのではないかと予測ができます。

最後に1時間足を確認してエントリー

f:id:hajime0707:20200325202054p:plain

1時間足は強い下降トレンドです。

この局面であれば、200MAファーストタッチでの売りができそうです(いわゆる進研ゼミ)。

4時間足FR38.2もその辺りにあるので、下降するならこの辺りではないか?と考えられます。

こういうトレードはモタモタするのは厳禁です。

エントリーするならサッサとする。

僕は手動だとモタモタしてしまうので、1時間足200MAに指値を置いて放置。

少しだけ上抜けましたが、思惑通り下がってきてくれました。

日足のFE261.8付近まで狙っていましたが、あまり下降の力が強くなさそうだった(もみ合い始めた)ので途中で利確しました。