FXトレードで勢いが強い上昇局面で20pips取った手法

FXの勢いの強い相場で、ちょっとした押し目で買って20pipsだけ取ったトレードを振り替えります。

上昇の勢いが強い場面では、あれよあれよという間に上昇していってしまい、いつの間にかエントリーポイントも逃してしまうということ、ありませんか?

自分はこういうところでエントリーするのは苦手でして、

なんだかんだと迷っている間に良いエントリーポイントを見逃すことが多いのです。

しかし苦手だからといって、いつも様子見ばかりしていても勉強になりませんよね。

そんなことから多少、思い切ってエントリーしてみたのが今回のFXトレードです。

それではさっそく振り返ってみたいと思います。

FXトレードするときには、まずは環境認識からということで4時間足の環境認識はどうだったのでしょう。

FXポンド円の4時間足チャートの環境認識

f:id:morikko3:20200330161554p:plain

このところ下降し続けてきましたが、最安値から反発して勢い良く上昇してきたところになります。(赤線のところ)

この下降にFRを使うと、FR38.2まで上昇した後、一旦は下降したものの安値を更新できませんでした。

そこから再度上昇してきた場面です。

全体的にはまだ下降トレンドの最中かもしれませんが、直近では上昇が強そうです。

次は同じところをFX1時間足チャートで環境認識していきましょう。

FX1時間足チャートの環境認識をして買い目線に固定

f:id:morikko3:20200330161603p:plain

FXの1時間足チャートを見ると、下降が止まって上昇し始めてきたのが分かります。

安値を起点にして、上昇のエリオット波動が数えられますね。

安値のところからエリオット波動をカウントすると現在(赤線)は5波となります。

どのくらいまで上昇するか?と考えてみると、

エリオット5波は3波の高値を越えないことが多々あるので、伸びたとしても3波の高値付近までと考えます。

また、FEを使ってみると、FE161.8はエリオット3波よりもさらに上ですね。

3波の高値まではまだ170pipsくらい離れているので、5分足のちょっとした戻しから買って、少しだけ取れそうです。

そんな理由で目線は買いにしました。

FXの5分足チャートでエントリータイミングをとる

最後に5分足チャートを見ながらエントリータイミングを探しました。

f:id:morikko3:20200331000717p:plain

勢いの強い上昇の場面で、押し目から買っていきたいです。

押し目を待っていると、小さなエリオット波動を描きながら下降してきました。

FR38.2や下降のFE161.8まで到達すれば買いやすかったのですが、

到達せずに下降エリオット5波まで終わり勢いのある陽線がでました。

「FR38.2まで下降せずにエリオット5波が終わった。」ということは?・・・

上昇の勢いが強いですね。

長めの陽線の確定を待ってから、買いエントリーしました。

そして、上昇した先っぽなので伸ばすことは考えず、直近の高値辺りで利確して20pipsほど取って終わりにしました。