FX「トレンドに乗るって言ったって、どっちに乗ればいいのさ!?」と悩んだらこうすべき!

「FXはトレンドに乗るもの」である。
FX勉強会でも良く言われるこの言葉。
これを聞いたときに、誰しも一度は悩んだことがあるんじゃないでしょうか。(FX学びたてなら尚更)
「トレンドに乗るって言っても、時間足毎にトレンドの見え方が違うよな…」
「これ、どっちのトレンドに乗るべきなんだろう?」
今回はその悩みについて詳しく解説を行います。

FXの4時間足と1時間足。どちらのトレンドに乗るのが正解なんだろう?

長いスパンのトレンドを4時間足と仮定して、それよりも小さいがある程度の大きさがあるトレンドを1時間足と仮定してお話します。
単刀直入に言えば「どちらのトレンドに乗るのも間違いではない」です。
4時間足のトレンドに乗る際は、直近(1時間レベル)の値動きがどのようになっているのか理解したうえでトレードをしないと失敗します。
逆に、1時間足のトレンドに乗る際は、過去にどういった値動きをしたポイントがあるのか把握していないと痛い目を見ます。

ただ、どちらのトレンドに乗るにしても「値動き」をしっかり見ていく必要があります。

「FXは値動きが最も大事」と先生も言われています。

これはつまり「相場の値動き次第で如何様にも考えを改める」必要がある事を示唆しています。

それを踏まえ「どちらのトレンドに乗るべきなのか悩む」人はこうしよう

「FX学びたてで、どっち優先で考えたほうが良いのか悩むなぁ」って人向け。
デイトレードを学ばれているのなら「1時間足のトレンド」を優先すべきです。
「FX勉強会で教わっている手法」に限って言うなれば、4時間足を必ずとも見る必要は無く、時には1時間足と5分足だけで勝てるような場合もあります。
1時間足のトレンドに乗るときの注意点はさっき言った通り。
過去に関わる地点がどのあたりにあるのか把握しておくことで、安全性の向上につながります。

FXでは直近(1時間足レベル)の値動きを正しく理解すると、ある現象が防げる

誰しも1回くらいは経験あるかもしれません。

「大きいトレンドに乗る事ばかり考えていて、いざエントリーしてみたら強い逆行に遭いました」

所謂、目線の切り替えの失敗。

それは「1時間足の値動きを正しく理解できていない」ことが原因です。

f:id:keyroiro:20200327112959p:plain

例えば、良く見るこの相場。
4時間足では大きい下降トレンドが出ている。
トレンドが出ているときに考えるべきは、戻しでのエントリー。
しかし「トレンドに乗る=戻ったら売ろう」という事だけ考えて居ると、このような失敗をします。
原因は、この大きく上昇した値動きの意味を考えず「単なる戻し」であると認識してしまったため、このような失敗をするに至ったという事です。

f:id:keyroiro:20200327113016p:plain

本来であれば、直近の値動きを鑑みて、ここはこのようにすべきです。
大きな下降に対してかなりの割合戻しが入っていて、その後の値動きもなかなか下げていかない形状。
であればここは1時間足のトレンドに乗るのが正解だろう、という事でエントリー。
すると、相場もそれに応えてくれます。