忙しいFXトレーダーはデイトレードとスイングトレードどちらがいいのか?

先日、所属しているFX勉強会のメンバーとオンライン通話をしている時に出た会話の内容。

「仕事が忙しくてFXのチャートを監視できる時間があまりありません。」

「エントリーチャンスが掴めないので1時間足でのスイングトレードをしてみようかと思ってます。」

トレードスタンスを変更するかどうかの悩み。

実は何回も出てる話題。

f:id:wakakiyo1188:20200322195641j:plain

自分たちが習っているFX手法はスイングトレードではなくデイトレード

まず我々が習っているFX手法はデイトレード。

早ければローソク数本で終わるし長くても半日とか。

保有時間を平均すればだいたい2~3時間になる。

そんな感じのトレードスタンス。

1時間足や4時間足も使うけどそれは環境認識として使うからであってエントリーや決済は5分足。

だからスイングトレードみたいに何日もポジションを持ちっぱなしって事はほとんどない。

ここまでが前提。

FXスイングトレードに移行するべきかどうかの落とし穴

デイからスイングへトレードスタンスを変更する。

現状を打破するためにFXトレーダー仲間が出した結論。

とても尊い。

が、これには1つ落とし穴がある。

『勝てていないトレーダーはトレードスタンスを変える前に他にやることがある』という事。

『他にやること』とは具体的にはトレード技術を上げる事。

その点を踏まえて質問させて貰った。

「チャートを監視できている時に来たエントリーポイントは取れていますか?」

答えはノー。

「う~ん、それだったら先生の動画解説を見ながらエントリーポイントの引き出しを増やした方が良いかもですね・・・ハハハ・・・。」

と、キョドリ気味の返答になってしまった。

ディスってると思われてもイヤだし、こういう時の返事はとても難しい。

スイングとか脇目振らずに淡々とデイを学ぶ

って言うか「1時間足のスイングトレードが気になる」って人のほとんどが仕事や育児で忙しいって言ってた。

なんか法則性でもあるのだろうか?

まぁ物は試しでやってみるのは良いこと。

その結果「全く勝てない。」になるかも。

もしくは「エントリーポイント思っていたより少ない」だったり、「ポジションが気になって逆にストレスがかかる」かもしれない。

自分の目で見て判断するってのはFXトレーダーとして必要な素養。

とは言えデイトレードで勝てていない人がスイングトレードに移行していきなり勝てる様になるのだろうか。

個人的には変な色気を出さずに淡々とデイトレードを学び続ける方が近道だと思っている。