FXでは素直に学習することが大切!自分のFXトレードを振り返ったら素直じゃないことに気がづいた

FXを学ぶときは「素直さ」がまず第一。

自分の所属するFX勉強会ではよく言われています。

この前、自分のFXトレードを見返していたとき、

素直じゃないな

と気付いたのです!

FXトレード結果はプラスだが、エントリーポイントがいまいち。素直に学習できていないのでは?

先日、実際に自分がFXでトレードしたのは次のような相場です。

明らかに売りの局面で、FX勉強会でも大勢の方が大きく取れていたところでした。

FXの先生による解説に比べると自分のエントリーポイントは早かったため、さっそくこの時の自分のトレードを振り返りました。

f:id:morikko3:20200316130607p:plain

エントリーする前の時点では、上の5分足チャートの3の場所まで待ってから売りでエントリーしようと考えていました。

しかし、実際には2つ目の山のところで早くエントリーしてしまいました。

このときの自分の気持ちを振り返って思い出してみると

「2つ目の山で落ちてきたらどうしよう。」

「このエントリーポイント逃したくない。」

「早くエントリーしておいて持っておけば取れるかも」

「手前の山と合わせれば、山の大きさは違うけど3つ目だからこっちでも正しいかも」

恥ずかしいことですが、こんなことを考えていました。

ふと、ここで気づいたんです。

これって素直じゃないな

自分の考え方が素直じゃないことに気付いたのです。

先生から正しいエントリーポイントを教わっているのに、自分が勝ちたい儲けたいという気持ちから、自分で勝手な解釈をしてエントリーしている。

素直に待てば良かったのです。

もし2つ目の山で下降するのであれば見送ればいい。

そのときは、次のチャンスを待てばいい。

先生や他の勉強会参加者の皆さんの動画やブログでも同じ様な話はたくさん出てきてました。それを読んで理解しているつもりになっていました。

しかし、自分は素直に待つことができていなかったんです。

これは自分の中では大きな気付きでした。

その後のFXトレードで今回、学習したことを生かせた!

先週のFX相場で同じような場面がありました。

上位足チャートでは勢いよく下降が続いているところで、戻したところからの売りを狙っていた場面です。

分かりやすい山を数回作りながら下降してきているのが分かります。

f:id:morikko3:20200316195716p:plain今回は2つ目の山のところで上に抜けていけないことが確認できて

「もう1つ待つんだ。もう1つ。」

「もし、ここでエントリーを逃しても次を探せばいい。」

とつぶやきながら、売りのエントリーポイントを待ちました。

そして3度目の正直で下降してきたことを確認してエントリーし、+40pips程度の利益を取ることができました。

ここでは、FX勉強会の参加者の皆さんも取れていた方がたくさんいました。

繰り返しFXトレードの練習することで、毎回しっかりとエントリーポイントを待てるようになりたいですね。

これからも素直にFX学習を進めていきましょう!