FXで上達するための重要テクニック。~思考のズレの修正~

先月、先生の「ヅイッター」にてこのような文章を発見した。

その日の朝、私が考えていたシナリオは「売り」だった。

しかし、先生が言われていたのは「買い」。

「え、どうしてだろう」と考えると同時に「あ、これ思考がズレているんだな」と思い、ノートにまとめてみる事にした。

すると「あぁ、なるほど」と納得出来た。

これ、FXで上達するためには必要不可欠な事なんです。

勝てない思考から脱するために、勝てる思考を取り入れる。それが上達の秘訣。

先生が良く言われている、FXで上達するためのテクニック。

「素人には勝てない思考しか存在しない」

「専業トレーダーレベルの勝てる思考をインストールしなきゃいけない」

https://11235813213455.net/2019/10/11/post-25891/

当たり前ですがFXは一人作業。

一人で黙々と勉強をしていると「勝てる思考」から離れてしまう時がある。

しかし、一人でやっているためにその間違いに気づけず「何故か勝てない」状態に陥ってしまう。

そうならない為にも日頃から「思考のズレの修正」を行うのがFX上達の秘訣。

幸いにも「FX勉強会」には思考のズレを修正するための素材は沢山あるので、後は自分次第、というわけです。

FX上達の道は一日にしてならず。その時改めて行った相場分析と総括を丸ごと産地直送でお届け。

f:id:keyroiro:20200312182623p:plain

まずはFXポンド円4時間足から。

全体としては上昇トレンドが停滞して、もみ合いのような相場。

200MAを割り込み戻しでレンジ”的”な動きとなるが、それでも下がらずに直前の高値を上抜け、前回下げた地点まで上昇した。

前回下げた地点を抜けるに至らず下降した。

そのため「下げの力が強いのでは?」と考えてしまった。

改めて見直すと、200MAがある所まで下げていて、過去に上から踏みつけ上昇したような値動きになっている。

f:id:keyroiro:20200312183102p:plain

FXポンド円1時間足。

直近上昇の殆どを戻している事から下降の力が強いようだと考えていた。

しかし、上昇全体で見れば直近の下降はFR61.8程度で収まってしまっている。

しかもぴったりと。

そしてFEを引いてみると、丁度そのあたりにFE161.8が存在している。

更に、売り目線という事もあって考えていなかったが、下側にトレンドラインが引ける事が分かった。

<追記>

後ほど週間解説動画にて先生のお話を聞いたとき、先生が引いていたのはこういうラインでした。

f:id:keyroiro:20200312183137p:plain

「こういうラインよく効く事多いよね」と言われていて、改めて考えると「相場で効きやすいラインは何か」と深く考えずに高値or安値からラインを引く癖があるな…と気づきました。

そういう意味でも、FXの上達に「思考のズレの修正」は欠かすことが出来ないなと感じました。

<4時間足と1時間足の値動き分析の総括>

下降の戻しでレンジを形成→下がらず大きく上昇。

上昇の力が強いのだから押し目で買いを狙いたい。

前回下げた地点付近まで上昇し、高値をやや更新しつつ下降しているが、過去に大きく下げた地点での下降のためある程度の戻しは予想可能。(→FR61.8か?となる)

ここから強烈に下げていくようであれば売りも考えられなくもないが、そうはならずに目論見通りFR61.8付近で反発。

ここには複数の根拠があるようだし、戻し(下げ)の動きを見て、いい形になったら買ってみよう…となる。

f:id:keyroiro:20200312182714p:plain

FXポンド円5分足。

下降に対してすんなりとした上昇が発生。

その後の動きは直近上昇FR38.2までに調整の5波的な波をつけて戻す。

FR38.2近辺で長めの陽線を付けたところでエントリー。

直近の流れは下降優勢なので揉みあっても嫌だし200MAくらいで利確しておくのが良いでしょう。