FXの値動きの流れに沿って順張りトレードで勝つ!

つい先日、FX勉強会の解説動画を見ながら自分のトレードを振り返っていたときのことです。動画の中で先生が次のようなことを言われていました。

「ここで買った人は、5分足チャートのこの場面しか見ていない」

そこで、はっ!っと気づきました。

まさに目から鱗が落ちました。

ジグソーパズルのピースがぴったりはまったような感じ。

自分のFXトレードは値動きの流れに沿っていたのか?

そのときの自分のFXトレードは次のように買いでエントリーしました。勝ててはいますが、順張りではなく逆張りになってしまっています。

f:id:morikko3:20200301061024p:plain

前回の安値とフィボナッチエクスパンションの161.8%(FE161.8)が重なっているレートから上がっているところです。そこから買って+20pipsくらい取りました。

このとき、1時間足では安値のところで何回か止まって上昇に転換していくかもしれないという考えでチャートを見ていました。赤線がエントリーしたところです。

f:id:morikko3:20200301062835p:plain

直近では上昇したものの、結局上げ切れずに上昇した分を全部下降しています。(赤い四角のところ)

この動きを1時間足レベルでさらっと見てしまい、1時間足のフィボナッチリトレースメント61.8%(FR61.8)と5分足の直近の動きだけしか見えてませんでした。

FXトレード振り返って、値動きの流れに沿った順張りのトレードを考える

f:id:morikko3:20200301061024p:plain

買いエントリーの後、すーっと伸びたところでの利確を逃して、あっという間に建値まで戻ってしまい、

あぁ~売りの方が自然だったか

とドキドキしながらFXチャート上の値動きを見ていました。

そして、トレード後に先生による週間解説動画の中で確かめたところ、このポイントは売るべきところでした。その解説の中で

「ここで買った人は、5分足チャートのこの場面しか見ていない。4時間足、1時間足はガン無視

という言葉を聞いたときにはっと思い、自分はこの直前の値動きが見えてない!

頭の中で、FXチャートがところどころ抜け落ちていることに気づきました。

抜け落ちているチャートを振り返って、値動きの意味を考えるとどうなるだろう?

ちょっと前に戻ってFXチャートを振り返ってみます。

f:id:morikko3:20200301065300p:plain

直近の最高値から200pips以上も勢いよく、ぐーっと下がってます。

前回の底値のところまで下降して止まりました。

ここにはちょうどFE161.8もあり、売っていた人達が利確するポイントなので、ここから新たに売ることはできません。ちょっと上昇し戻したところから売りたいですね。

最高値からの下降のFR38.2を引いてみると、そこで横ばいが続いていることが分かります。時間がたっても上がっていきません。

その後、FE161.8まで再度下降したのですが、赤い四角のところで上昇が止まってます。結局、直近の安値のところまで下降してしまいました。

ということは、まだまだ下降の勢いが強いと考えられます。最高値からの勢いの強い下降の後、一旦FR38.2まで戻して再度下降してきたわけです。戻し売りの絶好のポイントから実際に下げてきたところでした。

そして、この直後に自分は買ってしまったのです!

こうして値動きの流れを追って意味を考えていくと明らかに売りですよね。

実際のトレードのときにも、こんな感じで値動きが見えていけるようになれば、

値動きの流れに逆らうことなく、FXチャートの自然に流れにそって順張りの押し目買い、戻り売りができるようになると思います。

自分もそんなFXトレードができるように値動きをちゃんと見て、考えながらトレードしていきます。