FX 利確(利食い)のタイミングで迷う・悩むならこうすればいい。

f:id:keyroiro:20200227142422p:plain

利確(利食い)のタイミングで悩んでいる人は多い。

『利確 タイミング』でググるとこんなに出てくる。

ただし。

私の所属するFX勉強会内では利確タイミングで悩む人は少ない。

かく言う私は「利確どーしよっかなぁ…」と昔は頭を悩ませる事が多かったが、この頃は殆ど無い。

それには先生の「ある言葉」が関わっている。

前提として。利確(利食い)のタイミングよりも大事なもの。

先生が良く言われるのは「エントリーポイントが全て」だということ。

相場って面白い事に「本当に良いポイント」ではすんなり動いてくれることが多いのです。

利確(利食い)に悩むときというのは大体、すんなり下げていかないような値動きの時が多いはず。

そういう時はそもそもそこでのエントリーは正しかったのかな、と考えると答えが見つかるかもしれません。

どうしても利確(利食い)タイミングで悩みます←ならこうすればいい。

まあでも「悩む」っていうのは大事です。

「悩む」=真面目に考えている、って事ですから。

その結果「メンタルに逃げる」とか「手法のせいにして保有時間の短いスキャルピングに逃げる」みたいなのは全く宜しくないですが。

スキャルピングを全否定するわけじゃないですが、そのようにしてスキャルに逃げたら、もっと細かい動きでビクビクする羽目になるだけでしょう。

(私の知り合いにも居ましたがそういうのは「死亡フラグ」じゃなくて「死亡」です。)

私も下の図のように、過去に何度も「やらかし」た事があります。

f:id:keyroiro:20200227151220p:plain

こういうので惨めな気分になるのはひたすらにくだらないので、解決策を講じます。

(1)自分で満足の行くpips数を決めておく。

FX勉強会内では20~30pipsほど取れれば上出来、とされています。

20pipsが最低値として考え、30pipsほど取れればお腹いっぱいと考える。

f:id:keyroiro:20200227155434p:plain

この先どう動いても、知ったこっちゃないや、って感じで。

そうすると、気分的には楽ですね。

そんな感じで、1トレードの最低値をパチッと決めちゃえば良いんです。

そうすれば利確後に後悔する事が減って精神的な負担が掛からなくて良いですよ。

(2)ツールの数値を参考にした利確。

相場状況的に効きやすい、優位性のあるツール等を参考にして利確するのも良いです。

11235813213455.net

先生のブログで詳しく解説されていますので補足的に説明をすると…。

フィボナッチエクスパンション・リトレースメント、移動平均線。

そのどれも、優位性が高いものです。

1つ目のフィボナッチエクスパンション161.8について。

MT4のデフォルトの数値という事もあって誰でも見ている=ここを始点・終点とした値動きが発生しやすいです。

だから記事内にもある「ヒゲ先で気持ちいい利確が出来る事が多々ある」わけです。

2つ目のフィボナッチリトレースメント38.2について。

トレンド時にそこまで戻して再上昇(下降)パターンとなる事が多々あります。

つまりコレ1つで買いが出来るような、そういう根拠になっちゃいます。

そのため、何らかの根拠があって売りを狙っていたなら、リトレースメント38.2に達するくらいで利確しておかないと、手痛い反発を受けることになる可能性が高いです。

実際、それ以上持っていようとすると、V字で勢いよく上がって危ない目に遭うような相場状況である事からも分かります。

3つ目の移動平均線(200MA)について。

リトレースメント38.2と同じく、これ1つでエントリーの根拠に成り得ます。

特に画像内では過去に200MAが効いているのが分かるし、200MA自体に角度がついています。

こういう時は下降の力が強く「そのあたりまで上がったら売ろうかな」と目印にする人が世界中に居ます。

そういう状況下で逆張りを行っているので、上昇の力が如何に強かろうが、200MA付近まで到達したらさっさと利確するのが無難です。

ツールの数値を参考にした利確についての注意点

先ほど説明したこととは逆に、初心者の頃に良くやりがちなことで「特に優位性のないツールを参考にして利確を行う」事がありますが、これは良くないです。

あくまで例ですが「横ばいの移動平均線を参考にする」とか「本当にソコにエクスパンション引くの?ってとこからの161.8」とか。

先ほど先生が紹介されていたツールは、あくまで優位性があって、そのあたりで反応する可能性があるから参考にして利確しています。

優位性のないものを参考にしてもしょうがないし、そういうのって「変なクセ」が付いちゃいます。

もしも思い当たる節があれば、早いうちに改善すべきです。