FXトレーダーはエントリー回数に拘るべき。もちろん少ない方に。

FX勉強会入会前はエントリー回数が多ければ多いほど良いと盲目的に信じていた。

エントリー回数が多ければその分チャンスも比例して多くなる、と。

結論から言えばこの考えは勝ち組トレーダーからは最も遠い。

現在では無事その考え方は矯正されている。

自身の先週のエントリー回数は1回だった。

エントリー回数が週1回に対してトレーダーが持つ感想

f:id:wakakiyo1188:20200224182004j:plain

先週のエントリー回数はこの1回だけ。

昔の自分だったら絶対に「少ない」と言う感想を抱いていたと思う。

で、今はどうか。

「まぁこんなもんかな」と言う感じ。

と言うかエントリー回数の多少は全く見ていない。

3~4回の週もあればゼロの週もある。

FXをやる上で自分がチャートを見ている時にエントリーポイントからきちんと入れているかだけを見ている。

先週で言えば、良いエントリーポイントが3か所程あった。

その内の1つが監視中に来たので入った。

それ以上の事はしていない。

エントリー回数が1回のFXトレード時に何を見ていたか?

f:id:wakakiyo1188:20200225165051j:plain
赤の縦線がエントリーしたポイント。

シナリオを作っていたのはエントリーのちょっと前。

順番に見ていきたい。

まず青丸を付けた水準で3度ほど止められている。

ローソクの値動き自体も上下に行ったり来たりしている事からレンジかもしれない。

そしてこの辺りをレンジ上限帯と見れば再びこの水準まで上げた時に止められる事が想定できる。

対して、直近の上昇は強く少し下げた所でV字で全戻しの動きが出ている。

これは正に上昇が強いという合図。

ここからレンジ上限で止められて下がっていくか?

直近の上昇の勢いに沿って上抜けていくか?

2つの相反する方向性がぶつかる場面。

当然どっちに行くか分からない。

神のみぞ知る。

こういう時に必ずやらなければならないことがある。

それは観察する事。

抜ける『かも』、止まる『かも』と不確かなものを頼りにはできない。

作ったシナリオももちろん様子見。

f:id:wakakiyo1188:20200225165403j:plain

決め手になったのは5分足。

f:id:wakakiyo1188:20200225204317j:plain

様子を見ていると直近の高値をブレイクする陽線が発生。

ニョキっと伸びてるやつ。

コレを見て上と判断。

後はトレンドラインまでの戻しを待って買い。

反省点はエントリーが早い事。

ブレイク後の戻しがグッと下げているので、本当に下げないことを確認して買うべきだった。

これじゃあ何のためにトレンドラインを引いたかわからない。

決済は適当。

上手い事ヒゲ先になってるがタマタマ。

細かい所を反省すればキリがないがまぁ自信をもってエントリーできたと思う。

週に1回、50pips弱の獲得。

取るべき時にちゃんと取れればエントリー回数は関係ない。

満足満足。