FX インジケータ・ツールありきのトレードで失敗しないための考え方はコレだ。

FXを一人でやっていると、分かり易いものに目が行きがちです。

例えば、FX勉強会でよく使われるMA(移動平均線)や、トレンドラインや、フィボナッチなど。

インジケータありき、ツールありきのトレードを繰り返していると、いつか死にます。

まず前提として、FXのインジケータは○○に過ぎない。

コレをちゃんと理解してないと、絶対どこかで必ず失敗します。

インジケーター(ツール)というのは「モノサシ」に過ぎないのです。

あくまで相場を測るための道具であり脇役で、主役は相場自体です。

FX勉強会でも一番大事なのはインジケータなどでは無く、「値動き」と言われています。

私がFXを学びたての頃なんかは「形(ポーズ)」だけで本質がしっかり理解できていませんでした。

(値動きが大切だという事は言われているのでわかっているがその意図が離解出来ていない感じ)

特に一人で黙々と、過去チャートでの勉強をしている時などに成り易いので、気を付けたほうが良いです。

だからよく先生が「一人でシコシコ勉強するな」と言っているんですね。

FXで大事なのは「王道の思想」。それと併せてインジケーターを使っていく。

あくまでインジケータは脇役であり、主役は相場であるという事が分かった所で。

じゃあ、どういう風にトレードしたら良いのか。

それは。FXにおける王道の考え方を使ってトレードをすればいい。

そこにインジケータを添えるだけで良いんです。

f:id:keyroiro:20200220175239p:plain

具体的に言うなら「下降(上昇)後、”戻し”での売り(買い)」。

これがFXにおける王道。正義。

その際に、戻しの強弱・目的地がどこかを測るのがインジケータなのです。

(この逆(=下降したら買い等)を毎度考えているなら、別の意味で危険信号です)

「思想」はインジケータの使い方にも絡んでくる。

FXをする上で大切なのが「思想」です。

先ほど言った「王道の思想」も1つではありませんし、細かいものだと沢山あります。

その中でインジケータを使う時に使う思想もあります。

例えば、「直近の上昇が力強ければ、浅い戻しで再上昇する可能性がある」とか。

「下げに対して戻しの力が強く、その後も下がらないなら上がっていく可能性が高い」とか。

そもそも「どのあたりまで下がったら下降の力が強い」と判断できるのか?とか…。

まずそういった「思想」がないと、まともにトレードすらできません。

「相場の値動きを見なさい」と先生は良く言われます。

値動きを測る際にインジケータを使うのは勿論のことですが、その裏に隠された「思想」こそがインジケータなんかよりも余程大切である…というわけです。