FX 簡単に勝てる手法で20pipsゲット&詳しい解説!

先生が良く言われる事の1つ。

「相場で小難しい事をしても勝率は上がらない」。

「インジケーターがクロスしてああだこうだ~」なんて全く必要ありません。

FXの相場には、簡単な所というものが結構多く存在しています。

(簡単な所=論理立てて説明が出来るポイント、と言えます)

今回その簡単なポイントを取るための手法をご紹介します。

FX直近相場を基に簡単に環境認識しつつ手法紹介

f:id:keyroiro:20200123182638p:plain

まずはFXポンド円4時間足。

大きめの下降があり、その戻しで下げるかと思いきや下がらず。

安値抜け出来ず、200MAに支えられる形で推移。

この形は、200MAにへばりついている形とも言える。

そういう時、さほど上昇自体は強くない事が多いです。

しかし現状碌な下げが無い為、買いで見るほかないかなという感じではあります。

…この相場って「メッチャ簡単に勝てる相場!」ではないです。

但し、こういう相場でも簡単に勝てるポイントというのは存在します。

今回はそれを狙っていきます。

f:id:keyroiro:20200123182803p:plain

FXポンド円1時間足。

先ほどの4時間足と同じく、パッと見200MAで抑えられているような、そんな形で推移しています。

4時間足より1時間足のほうが拡大されて見えるため、先ほども言いましたがこれだけ時間かけているのになかなか上がらないな、という印象が強まります。

しかし現状はそれ以上に下げが弱い為、買いを何処かで狙っていきたいと考えます。

相場を分割し、勝てる環境認識を行う

f:id:keyroiro:20200123183052p:plain

ここからは、相場を分けて分かり易く環境認識していきます。

まずから。この時点で、前回高値から比較的大き目の下げが発生しました。

再度200MAに止められるような形をとっていますが、以前の記事で水平になった200MAは使い物にならない、とお話しました。

そのため、ここでの買いは正直言って考えられません。

売りも同じく、この程度の下降で即座に目線を切り替えるようなことはしてはならないし、今は先っぽ。様子を見るほかないです。

次に。出来上がった相場を見れば「あぁ下げが停滞したかな」と感じられるかもしれませんが、リアルタイムでチャートを見ていたら、正直言ってこの後の強い上昇を見なければ下げもあり得る所です。

(今回は紹介しませんが、一応複数回止まっているようにも見える為、下がらず強めに上がりだしたタイミングでの買いはアリです)

次に。やっと明らかに「上昇するよ!」というような強めの上昇が発生。

これが発生したら、トレーダーが狙うべきなのは「押し目からの買い」です。

しかし、下降の力が直近の上昇に対して強い。

こういう時はどうするといいか。

そう、様子を見ます。

すると、段々相場が形づいていき、分かる形に変化します。

後は5分足を見て、良い所からエントリーすれば勝てる

f:id:keyroiro:20200123183257p:plain

FXポンド円5分足。

勢いの良い上昇後、戻しで200MAを割ってしまうものの、それ以上下がらず停滞。

下側にラインを引く事が出来、そのあたりで複数回止まった所からエントリー。

(この形は、下がらない形としてはポピュラーなもの=簡単な形、です)

上がった後に買っているため、利確は短めに。

最低限取って終わりにしたほうが精神衛生上良いでしょう。

難しいツールの組み合わせで利益を得るようなトレードではなく、このように正しく相場を認識する事で、簡単に勝てるトレードが可能です。