自分が講師になって勝てるFX手法をレクチャーすると頭使って話すから上達が早くなる

FX勉強会メンバー複数人と話をしている場で疑問を投げかけられる事がある。

環境認識だったりエントリーポイントだったり利確だったりFX手法そのものだったり内容は様々。

そんな疑問が飛んで来た時、自分は率先して答えるようにしている。

なぜなら『レクチャーすることで自分が上達できる』と考えているから。

第3者へのレクチャーはFXの上達には必要不可欠なもの

FX学習者の自分がレクチャーとか言うと違和感があるが別にそんなエラソーなことを言いたいわけじゃ無い。

冒頭でも述べた通り自分はFXの勉強していくに当たって第3者にレクチャーすると上達が早くなるという考えを持っているからチャンスがあればする。

ただそれだけ。

どうして上達するかと言えば理由は結構シンプル。

人に見られているという緊張感が脳をフル回転させる。

あとレクチャーする時のコツは『間違いを恐れない』事。

レクチャーのタイミングで自分が正しいと思っている事を話す。

で、後から間違いに気づく事って結構ある。

そんな時は「やっちまった~!」と言いながら枕に顔をうずめてバタバタしておけばいい。

それで無問題。

具体的に先週のFX相場のレクチャーをします

1月15日(水)のFXポンド円5分足。

f:id:wakakiyo1188:20200120114148p:plain

上げた先での買いエントリー。

200MAから下がらないのを確認して買ったんだけど勉強会には直後の売りを取った人も結構いて面白い相場だな~と思って見てた。

売りを狙っていたメンバーもいた中でどうして自分は上の方で買ったのかを順にレクチャーしていく。

毎度おなじみ1時間足を使った環境認識から。

f:id:wakakiyo1188:20200120112837p:plain

エントリーしたのは赤の縦線。

このチャートを見て気になったポイントは3つ。

まず画面中央の下降に対してフィボナッチリトレースメントの61.8%まで一気に上げている。

次にもう1度安値を試すがV字で戻してさらに高値更新している。

最後にその上昇から見た値動きがフィボナッチリトレースメントの38.2%から下げない事。

買うに値する値動きを3連続でしているので目線は買い。

かと言ってバリバリに上昇が強いわけでもない。

強ければもっと左、例えば2番の上昇を第3波として一気に上昇しているんじゃないか?

という事は前回高値くらいを目安にちょっとなら買えそうと思ったので押し目を待って買った。

決済はいつも使っているフィボナッチエクスパンションが使えそうに無かったので今回はエロライン。

※エロラインのレクチャーはココで。

「FXは水平線手法だけで勝てるのか」の疑問に専業トレーダーが答える | 読みなよ。

レクチャーと言っても難しく捉える必要はない。

「ちょっと聞いて~」的なノリで十分だ。

間違えていたらテヘペロすれば解決する。

咎める人など誰もいない。