がむしゃらにFXの勉強をしても意味がない。勝てるようになるためのFXの勉強の仕方。

まるで過去の自分のことを言われているようで、ドキッとしました。

勉強ごっこを続けていればいつか勝てるようになります、なんてそんな魔法はファンタジー小説の中だけにしてくれ。 

引用させていただいた通り、FXの勉強を続けさえすればいつか勝てるようになると勘違いしていた時期が私にはありました。

勝てるFXの手法を手に入れ、がむしゃらにFXの勉強をすれば勝てるようになると勘違いしていた。

FXを学び始めた頃の話です。

  • 素晴らしい学習環境のFX勉強会に入会できた。
  • そして、勝てるFXの手法も手に入れた。
  • 実際にFX勉強会の先輩方も勝てている人が大勢いる。
  • あとは教わった通りにFXの勉強を続けていけば、自分もFXで勝てるようになるはずだ・・・!!

そして、

  • 勝てるFXの手法・ルールに則って、過去チャートでの検証作業に毎日取り組んだ。
  • 空き時間があれば、常にチャートを監視した。
  • 毎週末に配信される週間動画解説を何時間もかけてまとめて見返した。
  • アウトプットできることは、全てアウトプットした。

しかし、一向に安定して勝てるようにならない。

それはなぜか?

「自分の課題は何なのかを把握できていなかったから」です。

FXで勝てるようになるためには、自分の弱い部分(課題)と向き合わなくてはいけない。

FXの勉強を諦めずに勝てるようになるまで地道に続けるのは当然のことです。

しかし、FXの勉強を続けていることに満足してしまい、自分の課題に気が付かなければ安定して勝てるようにはなりません。

やっていることに満足しているような状況では脳に負荷のかからない楽な選択をして、意味のないFXの勉強を続けている場合があります。

そして、そのような状況ではチャート分析やトレードの振り返りにも影響します。

自分の都合のいいように解釈し、ストレスがかからないようなことしかやらなかったり。

FXの勉強の仕方が上手くどんどん成長する人と私のような下手くそで中々結果が出ない人の違いは、こういうところもあるのではないでしょうか。

自分の課題なんてものは嫌なものなので、自然と都合のいいように解釈したり見過ごしているかもしれません。

「絶対問題点を見つけてやるぞ!」という強い気持ちで、何度も自分のトレード結果を振り返ってみると何か見えてくるものがあると思います。

また、何が間違っていて何が正しいのかという判断は勝てていない素人FXトレーダーには難しいです。

そのため、何が間違いで何が正しいのかを教えてくれる先生の下で学ぶというのは至極当然なことで、勝てるFXトレーダーになるための近道と言えます。

FXにおける自分の課題を知ることで、FXの勉強の仕方が変わってくる。

私の課題の一つとして「エントリーが遅くて損失になる」ということが挙げられます。

f:id:hajime0707:20200119153522p:plain

例えば最近のポンド円は、赤枠の範囲はレンジのような値動きになっていました。

レンジ戦略は、

  • 上から売って下から買う、真ん中では余計なことをしない。

f:id:hajime0707:20200119153538p:plain

そのため、赤丸で囲ったところから売ったり買ったりする必要があります。

レンジ相場で上がった先で買ったり、下がった先で売ったりすると損失になるのは当たり前ですね。

運よく勝てたとしても、いずれ負ける時が来る。

ここからは私の経験談です。

自分の過去のトレードを振り返ると、上がった先で買ったり下がった先で売ったりして損失になることが非常に多いことが分かりました。

トレンド相場では戻してくれて助かることが多いですが、それ以外の相場ではそうはいきません。

そうやってドッカンと大きな損失を出してしまうから安定して勝つことができない。

そういったことに気づき、意識することでFXの勉強の取り組み方が変わってきました。

過去チャートでの検証作業や、チャート分析等々・・・。

課題に気づいたからといって一朝一夕には安定してFXで勝てるようにはなりませんが、意識してFXの勉強を地道に続けることで必ずFXトレーダーとして成長することができます。