200MA(移動平均線)の効く場面とはどういう所か。改めておさらいしてみる。

FX勉強会における鉄板インジケーターのうちの1つ、200MA(移動平均線)。

FX学びたての頃はこれだけで一攫千金出来るのではないか!?と思いがち。

しかし、現実はそうもいかない。

環境認識・値動きありきなのは勿論ですが、200MA一つだけ見ても効きやすい・効きづらい場面がしっかり存在します。

今回は200MAのみに的を絞り、有効な場面とそうでない場面について深く考えます。

基本編

200MA(移動平均線)は傾斜がついているほうが○○である

移動平均線についてある程度知っている方であれば当然でしょうが、移動平均線というものは傾斜がついているほうが効きます。

逆を言えば、移動平均線が横ばいの時はほとんど効かない、という事になります。

これは次に紹介する、「久しぶりのタッチ」や、応用編「上からor下からタッチ」にも関わってきます。

そもそも、200MA(移動平均線)で何故反発が起こるか。

世界中のトレーダーが鉄板である「戻しからの買い(売り)」を狙っているからに他なりません。

そこで、移動平均線としては大変メジャーである200MAまで戻したらエントリーしよう、と考える人が多いからです。

傾斜が付いた200MAとはつまりトレンドが確定した状態と言えるため、戻しからのエントリーがより確実に行える、というわけです。

移動平均線に「久しぶりのタッチ」

久しぶりに200MA(移動平均線)にタッチしたときは効きやすいです。

何故かというと、大きいトレンドが出ている事に他ならないためです。

大きいトレンドであればあるほど、戻しでの売買はし易い。

勢いよく200MAまで到達したとしても、全体としてみると大した戻しではない=トレンド継続の流れも考えられ、気軽にエントリーが出来ます。

f:id:keyroiro:20200109180335p:plain

ちょっと応用編

移動平均線を「頻繁にタッチ」

先ほど「久しぶりのタッチ」は効きやすい。とお話しました。

その反対である「頻繁にタッチ」は効きにくいのではないかと思うでしょう。

勿論、効きにくい場面はありますが、移動平均線が有効に作用する場面もあります。

それがこのような相場。

f:id:keyroiro:20200109181101p:plain

大きい下降があった後、戻しで200MAに何度も触れるが、抜ける事が出来ない。

何度も触れているものの200MAが横ばいになっていないうえ、高値の更新も出来ない。

これが効く相場と効かない相場の違いです。

「久しぶりのタッチ」は、手放しで高確率で効く。

しかし「頻繁にタッチ」の場合は、値動きや200MAの角度をしっかり見て判断しなければなりません。

このような相場は「200MAが意識されている」相場と言え、200MAでどうしても抑えられ、上がらないのを確認し、売る事が可能です。

移動平均線を「上からor下からタッチ」

200MAが効く相場ばかりではありません。

抜けていく場面だってあります。

抜けた後、200MAを上から(もしくは下から)タッチする動きとなり、抜けきるパターンがあります。

f:id:keyroiro:20200109182624p:plain

200MAを抜ける時のパターンとしては、主に2つ考えられます。

1発で突き抜けるパターンと、抜けた後戻しで触れて再反発するパターン

基本的に、2つ目のパターンのほうがよくあります。

ただ、これ1つでトレードしようと考えてはいけません。

先ほど言った「200MAが横ばい状況では効きづらい」という事もあり、他に何らかの根拠があって、そのついでで「あ、200MA上からタッチのよくあるパターンだ」と根拠の上塗りとして使ったほうが良いでしょう。

一度近くまで行ったが触れずに再度戻して来た場合

これは経験則なのであくまで参考程度に留めてほしいのですが、一度200MAに大分近づいた後、結局触れずに下げ、その下げを否定する上昇があった場合、200MAを上抜ける事が多いです。

例としてはこんな相場です。

f:id:keyroiro:20200109181736p:plain

トレンドの力を200MA到達前の上昇で使ってしまい、それを否定され200MAで抑える事が出来ずに上げてしまった、というのが理由ではないかと考えられます。

これは特にそのトレンドが目的地となる地点まで到達した場合に起こり易いので、そういった場合は気を付けないといけません。

(そう考えると、やっぱり200MA(移動平均線)というのは1つの目安でしかないんだな、というのが分かります)

また、この動きは先ほどの「上からor下からタッチ」と同じように、これだけでは根拠になりませんし、更に言えばこっちのほうがより薄いです。

このような動きになった場合、「あ、またそういう動きになっているな」と相場を見つつ、値動きをしっかり見たうえでエントリーの判断する必要があります。