超重要!FXのマルチタイムフレーム(MTF)分析とは。

マルチタイムフレーム(MTF)分析とは、FXで勝ち続ける為に超重要なテクニックの1つ。

簡単に言うなら、上位足の環境認識を基に、下位足でエントリーの判断をするというもの。

素人考えとして「単一の時間足だけ見て勝てないのか」と思いがちであるが、FXではそんなお手軽な事は出来ない。

先生は良く言う。

「お手軽な手法など無いよ」と。

堅実・着実に相場を分析したうえでトレードを行う。

それを継続するから勝ち続けられるわけです。

勝っている人は当たり前にやっている、マルチタイムフレーム(MTF)分析

どうして単一の時間足だけでは勝つことが出来ないか

1.チャート分析ツールを表示させ過ぎてグチャグチャになる

「チャートはシンプルに」と先生は良く言われます。

後述の時間足で使用しているツール全てを1つのチャートにまとめてしまうと、何が何だかさっぱり分からなくなります。

(私なんかまとめていなくたって時折「これって何の線(数値)だっけな?」ってなるのに…)

あと、単純にツールが使いづらくなるというのもあります。

水平線だの引く時にいちいちチャートを右にスライドして遡って…ってハッキリ言って面倒です。

縛りプレイでしょうか?

2.今どういう状況に居るのかが分からない

一番これがデカイです。

チャートというのは歴史です。

どういう状況があって、現在のこの状態になっているのか。

それが分かっているからこそ、次にこういう動きが起こり易いだろう。と判断出来るわけです。

後、単純に今高い所に居るのか低い所に居るのか分からないというのは怖くないですか。

(「某サンドボックスゲーで直下掘りしたら地面がありませんでした」並にホラーですよ)

マルチタイムフレーム分析を行うにあたってのお勧め時間足

FX勉強会にて基本的に推奨されている時間足は以下の3つ。

4時間足。

1時間足。

5分足。

メインで連動させて見るべきなのは、主に1時間足と5分足

環境分析、という意味では一番1時間足を主としてみます。

5分足はあくまでタイミングを計るために使用する事が多いです。

4時間足は主に1時間足の環境認識を補うために使用します。

基本的な時間足以外にも時折使う時間足があり、その代表的なものとしては日足

日足の使い道としては、時間足では遡れない過去に効きそうなポイントがあった場合、根拠の上塗りとして使用する事が多いです。

ですから、FX勉強会でのチャート分析の優先順位としては以下のようになります。

「1時間足>4時間足≧日足」の優先順位で環境認識をし、「5分足」でトレード。

やりがちなミス「5分足しか見ていない」を避けるために

FX勉強中の方がやりがちなミスの1つに「5分足しか見ていない」というのがあります。

4時間足や1時間足もちゃんと見ているのに、5分足の動きを優先してトレードし、失敗する事です。

4時間足1時間足をちゃんと見ている筈なのに、何故起こるか。

「買いも売りもどちらもとってやろう」と欲に目が眩んでいるからではないでしょうか。

この問題の対処法はやはり「方向性を定める」に尽きます。

1時間足などを見て「今日は買い有利だから買い目線でいこう!」と方向性を定めてしまえば、それ以外の動きなら手を出す事が無く、買い有利な形が出次第、買う事が出来ます。

そのために、マルチタイムフレーム分析が大事になってくるというわけです。

また、先ほどはエントリータイミングでの「5分足しか見ていない」でしたが、利確・損切りタイミングでの「5分足しか見ていない」もあります。

どういうことかというと、値動きを凝視しているまでは良いのですが、その凝視が結果的に「5分足」しか見られておらず、1時間足・4時間足の値動きを無視したポイントでのビビリ利確・損切りを行ってしまう、というもの。

私は過去に何度もやらかしました。

この問題の対処法としては「次にどのような動きに発展しやすいか」を考え続ける事が有効です。

例えば、買いでエントリーをしているとして。

思ったよりも上昇せず、横ばいでやや建値を割ってきた。

この段階で、何処まで下げていく可能性や今後の動きを考えます。

建値のもう少し下に強い根拠となる地点があるから、そこまで一旦下がってから上昇していくのではないだろうか、とか。

予め自分の考え付く限りで今後の動きを想定します。

すると、不意に相場が動いたとしても、慌てて利確や損切りをすることが減り、結果ビビリ利確・損切りが減る、というわけです。

www.youtube.com