初心者トレーダーこそエリオット波動の第5波を狙うべき【FX手法】

自身が所属しているFX勉強会の手法ではエリオット波動を使う。

FXを学びたての初心者の頃はエリオット波動第5波ばかりを狙っていた。

勉強会の教えとして第3波か第5波を狙うのが本筋なのだが自分の場合は第5波に偏っていた。

これはFX初心者にも捕らえやすいって言う理由があったから。

【FX初心者必見】まずはエリオット波動の定義

f:id:wakakiyo1188:20191216092639p:plain

エリオット波動とは0番を起点とし第5波までを1セットと見た波の成り立ちの事である。

冒頭でも第3波と第5波を狙うといったがそれには消去法で説明がつく。

まず第1波は突然発生する。

そもそも狙うものではない。

そして第2波と第4波は所謂押し目の事だ。

例でいえば上昇トレンド中の売りを狙うことになる。

逆張りになるのでFX初心者だけでなく基本的に手を出さないのが吉。

FX初心者がエリオット波動の第5波を狙うべき2つの理由

エリオット波動第5波よりも第3波の方が大きいとされるがどうして第5波を狙うのがおススメか。

理由は2つ。

1つ目はエリオット波動の第3波を捉えるには慣れが必要という事。

f:id:wakakiyo1188:20191216105934p:plain

画像の様に第3波を取るためには丸で囲った辺りで「ここが第1~2波かもしれない」と言うシナリオを組んでいないと取れない。

自分が正にそう。

上がりきったチャートを見て後から第3波だったと気づくことが多かった。

例では上昇しているがもちろん上げないケースも存在する。

そういったことも加味しながらシナリオを作ったりしなければならないので慣れと言うかトレーニングが必要。

2つ目の理由。

これは第4波の性質として『(上昇の場合)第1波の高値で止まる事が多々ある。』と言うものがある。

f:id:wakakiyo1188:20191216112021p:plain

第3波の高値から少し下げた場面。

FX初心者だった頃は押し目買いの意味を知っていても押し目がどこか分からなかった。

ここで第4波の性質が活きてくる。

『第1波の高値で止まりやすい』だ。

ここまで来たら考えることは1つしかない。

水平線(第1波の高値)までの下降を待って、下げ止まったのを確認しての上昇5波狙いだ。

エリオット波動を使って分析した後は確実な所で勝つ。これで脱FX初心者。

で、どうなったか。

f:id:wakakiyo1188:20191216120014p:plain

「エリオット波動の定義に沿ってチャート分析し、第1波の高値で第4波が下げ止まり第5波が発生するかもしれない。」というシナリオを描きその通りに動いた。

ここまでシナリオ通りに動いてくれたら買うしかない。

意地でも買う。

寝る時間を削ってでも買う。

有給取ってでも買う。

そしてこの上昇は約700pipsあるがもちろん全部取れなくていい。

って言うかこれは4時間足なので下位足を見ながら確実な所で20pipsとか30pipsを取るくらいで十分。

大きなpipsをドカンと取ると一見派手なのでFX初心者はそこに目が行きがちだが大事なのは大きさではない。

いかに高い確度を持ってエントリーできるかだ。

そういう意味ではエリオット波動の第5波は捕まえやすい。

FX初心者には初心者なりの武器を使って戦えばいいので難しい所を狙う必要はない。

「難しい所でのエントリーポイント。オレでなきゃ見逃しちゃうね。」なんてフレーズは上級トレーダーにお任せしよう。