FXで勝てるようになったキッカケ、というよりFXを学習するにあたって意識していたこと

f:id:hajime0707:20191215192910j:plain

先日、久しぶりにFX勉強会の座談会に参加した。

座談会とは、FX勉強会の方々とオンラインで話すことができるというもの。

入会から間もない方々も積極的に参加して、熱心にFXの話をしている。

そこで「FXで勝てるようになったキッカケを教えてください」と聞かれた。

その時は「座談会が・・・」「ブログが・・・」と答えたが、後々振り返ってみると、ハッキリとしたキッカケが何なのかは分からなかった。

気が付けば月間プラスで終えることができるようになっていた」というのが正直な答えだ。

FXの才能がない僕は、FXを学習する過程で急成長したとは感じなかった

f:id:hajime0707:20191215192931j:plain

FX勉強会の中には、入会してすぐに結果を出せる人が大勢いる。

勝てるFXの手法を教えていただいているので、結果が出るのが早い人は本当に早い。

また、FX勉強会の内容も進化し続けているので、その影響も大きいと感じている。

月間のトレード結果の報告を見ていると、高勝率で、少ないトレード回数で、多くの獲得pipsを取ることができる人が増えている。

FX勉強会に参加している方々と比べると多少時間がかかったが「デモトレードで資金2倍 ⇒ リアルトレードでも資金2倍」を達成できた。

その過程で「先月までFXで勝てなかったけど、今月から急に勝てるようになりました!」ということはなかった。

勝ったり負けたりを繰り返しながら少しずつ利益を積み重ねていった結果、気が付けば達成していた。

それは、僕にはFXの才能がなく人より不器用だ、ということも関係していると思う。

キッカケではなく、FXを学習するにあたって意識していたこと

FXで年功序列(笑)は通じない。

長く在籍している“だけ”で、自然と勝てるようになるものではない。

FX勉強会へ入会し、勝てるFX手法を手に入れたからといって全員がすぐさま勝てるようになるわけではなく、僕ほどではないにしろFXで勝てるようになるまで多少時間がかかる人もいるかもしれない。

僕は、FXの学習をするにあたって「アウトプットする」ということを意識して取り組んできた。

その一環として、座談会への参加やブログ記事の作成等に積極的に取り組んだ。

FXにおける自分の課題を抽出し、座談会でアウトプットしアドバイスをいただいた。

ブログで考えをアウトプットすることで、頭の中を整理した。

FX勉強会にトレードを報告をして、先生に「そんなところで買って(売って)んじゃねーぞ、このKS!!」と優しく指導していただいたり(笑)

そういったことを続けていくことで、FXで少しずつ勝てるようになってきた。

FXトレーダーとしてはまだまだ未熟で、時々大きくやらかすこともある。

それでもトータルでは確実にプラスにできるようになっているのは事実だ。

来年はFXトレーダーとしてもう一段上のステージに上がりたいので、この年末に学習の取り組み方について考えたい。