FXはエントリーポイントが全てです。

FXはエントリーポイントが全て

FXはエントリーポイントが全てです。

先生が良く仰る言葉です(このシリーズ多くね?)

「ああっ!逆行にビビって決済した途端、思惑通りのポイントに達した。含み損に耐えられるようにもっと我慢できるようにならなければ・・・。」

FXを学び始めた頃によくやらかした失敗です。

それはメンタルの問題ではなくて、単にそれはエントリーポイントが悪かっただけ。

もしかすると、自分が良いポイントでエントリーできたということを理解できておらず、ビビって決済してしまっただけなのかもしれません。

または、エントリーポイントが悪いだけでなく、そもそもその局面では手を出さずに様子を見る(見送る)のが正解だったのかもしれません。

メンタルを鍛えるのではなく、なぜ最適なポイントでエントリーできなかったのかを振り返る必要があります。

エントリーポイントは再現性がある

最適なエントリーポイントかどうかを判断する一つの基準として、「再現性があるかどうか」ということが挙げられます。

例えば、たまたま根っこで買えてグイっと伸びた上昇が取れたからといって、そのエントリーポイントに再現性がなければ何の意味もありません。

そのためには、ちゃんと勝てるFX手法が必要になります。

良いポイントで買うから上昇する、良いポイントで売るから下降する。

世の中の大半の人が自作の手法で勝つことは難しいので、しっかりと結果を出しているFXトレーダーに教わるのが手っ取り早く確実です。

私はFXの才能がないウ〇コトレーダーなので、誰もがアッと驚くようなトレードはできません。

言い換えると、誰もが勝てるような簡単で分かりやすいポイント(再現性のあるポイント)でしか勝つことができません。

なので、そういうポイントは勝ちトレードの報告が多くなります。

例えばこのトレード。

f:id:hajime0707:20191129104029p:plain

仕事帰りにドン・キ〇ーテに寄ってウロウロしているときにチャートを見ると、狙っていたところから落ちてきていたので慌ててエントリーしました。

少し下がってきたポイントでエントリーしているので、目標地点に達したところでサクッと利確。

このポイントは、私だけでなくFX勉強会内でも数多くのトレード報告が挙がっていました。

f:id:hajime0707:20191129110112p:plain

1時間足、これまで時間をかけて上昇してきたものがあっという間に戻されました。

上側TLも引けそうです。

f:id:hajime0707:20191129110159p:plain

その後の5分足の値動きを見ても、上昇の力が強いようには見えません。

上昇の根元にフィボナッチエクスパンションを当てると、ピッタリ161.8で抑えられていることが分かります。

また、ここには上位時間足のフィボナッチリトレースメントの61.8もあります。

長い上ひげをつけて下がってきたところで売り。

私はエントリーするのが遅すぎますが、良いポイントから下がってきているので飛び乗りました。