FX初心者の頃によくやらかした失敗「ツールに振り回され、値動きを蔑ろにする」

値動きの意味を考えてチャート分析しなさい。

FX初心者の頃はそれがよくわからず、がむしゃらにチャート分析していました。

今振り返ると、わかりやすいインジケーターにばかり目がいき、わからない値動きの意味を考えるということは敬遠したように思います。

FX初心者の頃によくやらかした失敗

大きな画面でしっかり時間をかけて(様々なことを考えて)チャート分析をしなさい。ということを仰います。

それは、どのような過程を経て現在のチャートが形作られているのか?ということを把握するためです。

FX初心者の頃はそれを考えるのが苦手で、フィボナッチリトレースメントやフィボナッチエクスパンション、トレンドラインや200MAといったわかりやすいツールにばかり頼ってトレードをしていました。

その結果、値動きを蔑ろにしたチャート分析になり、気が付けば5分足ガン見で上位時間足の環境認識はどこへやらといったこともしばしば。

もちろんFXで安定して勝てるようにはならず・・・。

今週のトレードを参考に、どのような場面で失敗していたかを振り返ります。

1時間足の環境認識

f:id:hajime0707:20191120214449p:plain

上位時間足FR61.8付近を上限としたレンジがしばらく続いていましたが、FR61.8と直近高値を大きく上抜ける上昇が発生しました。

この上昇を見て、押し目から買うことを考えます。

どこまで戻したら買うのか?ということを、フィボナッチリトレースメントを使って計ります。

f:id:hajime0707:20191120214432p:plain

まずは、FRの意味のある数値まで下がってきたら買いたいと考えていました。

しかし、時間をかけずにFR61.8まで一気に戻してきています。

直前の上昇が強く意味のある数値に達しているとはいえ、これでは迂闊に手を出せません。

FX初心者の頃は、こういう場面で「直前の上昇が強くて、意味のある数値に達したから」という理由だけで買っていました。

そして失敗トレードに。

どういう過程を経てその数値に達しているのか?ということを、細かく考えることができていませんでした。

5分足で細かい値動きを確認する

f:id:hajime0707:20191120215019p:plain

5分足で細かい値動きを見ても、上昇の力が強くないことがわかります。

また、何度もFR61.8が攻撃され今にも下抜けそうな値動きに見えます。

もしこの局面で買うのであれば、FR61.8で強く反発する上昇が発生し、その戻しから下がらないことを確かめてから買いたいです。

トレンドラインも効いているようなのでタイミングを計り売り。

しかし、少しエントリーのタイミングも早く、利確も指値にわずかに届かず失敗してしまいました・・・。

この局面での売りは間違っていなかったと思いますが、下がってきた先でのエントリーなので20pips程度取ってサッサと逃げるのが望ましかったです。

まだまだ修行が必要ですね。