FXでより良いエントリータイミングを実際のトレードを用いて考察する。

最近のFXポンド円は、横ばいの状況が続いています。

所謂難しい相場ってヤツです。

このような難しい相場の特徴として、エントリータイミングを掴みにくい事が挙げられます。

と言っても、エントリーポイントが全くないわけではありません。

適切な環境認識、シナリオ想定を行えば、自ずと「良いエントリータイミング」が見えてきます。

当日のFX環境認識と良いエントリータイミングを掴むためのシナリオの想定

f:id:keyroiro:20191113191047p:plain

まずはFXポンド円4時間足から。

上昇トレンド、エリオット的には5波のような動き。

前相場の下降エリオット61.8(水平線)まで到達、停滞。

f:id:keyroiro:20191113191059p:plain

FXポンド円1時間足。

暫く横ばいの状況が続いている。

水平線で明らかに反応していて、直近の動きはレンジ的。

(レンジ上辺はFR61.8(上側水平線)、レンジ下辺は前回安値(下側水平線)と考えられる)

直前前回の安値を抜けられず、大きく上昇するもやはり水平線を抜けるに至らず。

こういった状況であるため、水平線付近まで上げてきたら売りを考えるのは当然。

…が、しかし。

考えなしに脳死で毎度「水平線にタッチしたから即売り」では危ない目に遭います。

そのため、良いエントリータイミングが来るまで待たないといけない。

それを加味しつつ、FXポンド円5分足を見てこの日朝時点でシナリオを立てました。

f:id:keyroiro:20191113191342p:plain

<現状考え得るシナリオ(ざっくり)>

(1)水平線・高値を抜ける動き。

(2)水平線か高値付近まで上昇するも下がっていく動き。

(3)水平線に触れもせず大きく下げていく動き。

直近の上昇の力が強いため、この中で(1)と(2)が起こり易い動きだろうと予測。

再上昇してくると仮定して、さらにエントリータイミングを考えました。

<現状考え得るエントリータイミング>

1.水平線再タッチ直後

2.(2)の出来るだけ高い所からの売り

3.水平線付近で停滞を確認しての売り

4.再度水平線が効いて下がるのを確認し、その戻しでの売り

5.上側TLを引いての売り

1…直近の動きがとても強い上昇であるため、微妙。

2…エントリータイミングを掴めたなら良いかもしれないが難しいだろう。

3…この中では一番簡単。

4…かなり安全だとは思うが相場が形づくまで時間がかかりそう。

5…4と同じく時間がかかるだろう。

そして、実際のトレードはこちら。

f:id:keyroiro:20191113191442p:plain

戻しが少なく比較的時間も掛けず上がってきたが、やはり水平線で止められる動き。

3度くらい停滞を確認して、赤い矢印でエントリー。

ちょっとした逆行は保有を続けて、下がってきたのを見計らい最低限取って利確。

FX勉強会の報告を見ると、私とまるっきり同じ所でエントリーしていた方が何名も居て、やっぱり取り易い所なんだなあと感じました。

実際このエントリータイミングは本当に正しかったのか

勝てたことは喜ばしいこと。

しかし、ここが本当に良いエントリータイミングだったのか。

正しいトレードが出来ていたか。

それはまた別に考えていかないといけません。

今回の場合は、直後に大き目の上昇があり、もう一段上昇して、そこから下げてきた。

…ということは、やはり上昇の勢いが強い所であったという事。

相場を見返してみると、前回の上昇に比べて今回の上昇の勢いが強い事がわかります。

f:id:keyroiro:20191114090909p:plain

しかも前回は大き目の戻し(下降)があったが、今回はそれと比べて小さい戻ししかない。

前回の場合は、高値抜けず、水平線で止められているのを確認して売る事が出来たが、果たして今回も同じような事をしてよかったのだろうか。

また相場状況的にも、レンジと断ずるには少々早い可能性もある。

レンジではないとしても、出来るだけ高い所で売るのは有利であるし、5分レベルでは前回高値を抜けているものの、1時間レベルでは上に複数の高値がある。

故に帯のような太い抵抗体があるという風にも考えられます。

f:id:keyroiro:20191114090937p:plain

それを踏まえエントリータイミングを改めて考えます。

f:id:keyroiro:20191114092323p:plain

出来るだけ有利に有利に、と考えると(1)付近での売りもアリなのかもしれない。

更により良い堅実なエントリータイミングとしては、ちゃんとした下げをもう1度確認したうえで、その戻しで水平線やラインからの売り(2)。

時間が時間でしたのでエントリーは叶いませんでしたが、次に同じような相場が現れた時は、確実にものにしたいです。

今回実際に行ったトレードは、前々日(11月12日)のもの。(鮮度抜群!)

故にまだFX勉強会の週間解説動画にて解説がなされていない部分。

自分のエントリータイミングや環境認識に齟齬が無かったか、先生がどう解説されるかドキドキワクワクしながら今週末を迎える所存です。