FXで絶妙なエントリーポイントを掴むためには、時間軸を意識することが必要

FXはエントリーポイントが全てです。

私が師事しているFXの先生が、常々仰っている言葉です。

また、できるだけ右側からエントリーする、ということも仰っています。

これは、価格(縦軸)だけでなく時間軸(横軸)にも注意を払う必要があるということです。

それらを実際のトレードで、具体的に説明します。

エントリーポイントが早すぎた失敗トレード

f:id:hajime0707:20191113174052p:plain

一応エントリーはルール通りですが、エントリーポイントが早すぎてしばらく含み損を抱えてしまいました。

思うように下がらなかったので、戻してきたところで決済。

この局面での売りは間違っていないと思います。

ただ、どこから売るかということをもう少し深く考える必要がありました。

上位時間足の環境認識から、どのように立ち回るのが正しかったのか振り返ります。

4時間足の環境認識

f:id:hajime0707:20191113174139p:plain

全体的には上昇の力が強いですが、直前はもみ合いが続いています。

f:id:hajime0707:20191113174151p:plain

もう少し大きい視点にすると、FR61.8で抑えられていることが分かります。

1時間足の環境認識

f:id:hajime0707:20191113174204p:plain

レンジです。

下限はよく分かりませんが、上限は4時間足FR61.8(赤い水平線)付近で露骨に抑えられているので明確です。

直前で垂直上げが発生していますが、やはりFR61.8は上抜けられず。

レンジ相場の戦略は、上から売って下から買う、真ん中では余計なことをしない。

現在の相場は上限の抵抗となる根拠が明確なので、そこまで戻してから売るのが望ましいです。

ということは、せっかく上まで戻してきてくれているのだから、チャンスがあれば売ることができそうです。

5分足でエントリーポイントを探す

f:id:hajime0707:20191113174218p:plain

直前で直近安値を下回る下降が発生しました。

この値動きで、やはり下がってくるのではないかという確信を強めます。

そして、タイミングを見計らいエントリー。

が、そこからは下がらず・・・。

ここで最初の話の時間軸を意識する必要がありました。

時間軸を意識する⇒できるだけ右側でエントリーする。

そもそもレンジ相場では、上昇した先で売って下降した先で買うのが基本になります。

私がエントリーしたポイントはまさに下がった先っぽ。

しかも、時間軸はあまり意識できていません。

5分足では下がってきたように見えますが全体では微々たる下降なので、もう少し時間をかけて観察し、本当に上昇しないということを確かめてから売るのが望ましかったです。

今回のケースであれば、しばらく時間をかけて戻してきたが結局FR61.8で力尽きて下がってきたところでエントリーできればバッチリでした(矢印のポイント)。

ここはFX手法のルールにも合致しているエントリーポイントです。

私はエントリーが早い傾向にあるのですが、この時間軸を意識してエントリーポイントを探すということができていないのだろうと思います。

FXの勝率を上げるためには必ず必要になることなので、意識をして取り組みます。

追記

f:id:hajime0707:20191113190741p:plain

失敗を生かして、まずまずのポイントでエントリーできました。