【FX初心者あるある】1日20pipsと言う名の皮算用

FXで勝ちを積み重ねていく事において、やってはいけない考え方がある。

それは1日20pipsや30pipsなど1日当たりのノルマを設定してしまう事だ。

これがあると1日1回エントリーしなきゃ気が済まない体になってしまいポジポジ病の原因にもなり得る危険性を孕んでいる。

この根拠のないノルマを今すぐ捨てるべき。

FXで1日20pips獲得と言うノルマは自分の都合である

FXトレードにおいては『チャンスが来たら取ってノーチャンスならスルー』が基本スタンス。

このチャンスか否かはチャートを見て判断する。

エントリーまでの大まかな流れは、チャート分析をし現在どのような相場状況か判断する→チャンスになるまで待つ→自分が想定した状態になったらエントリーだ。

この1文で分かる通り、ここに自分の都合が入る余地はない。

相場の流れに身を任せている。

対して、1日20pips獲得と言うのは100%自分の都合だ。

本来の流れに逆らい、エントリーポイントを『探す』状態になってしまっている。

相場状況を無視したエントリーはもちろん勝てない。

お金を手にしたいからFXをしているのに逆に損失を出すという訳の分からない状態に陥る。

FXを始めたての頃は1日20pipsを目標にしていた黒歴史

恥ずかしい話だが自分もFXを始めたての頃は1日20pips獲得を目標にしていた時期がある。

1ヶ月を20日稼働だとすると掛け算して合計400pips。

ロット数を1万通貨だと1ヶ月で4万円。

10万通貨だと40万円にもなる。

計算しながらメモ帳の上でボールペンが滑らかに走る走る。

ここまで頭の中がお花畑全開だと気持ちが良い。

皮算用界のレジェンドだ。

まぁもちろん勝てないわけだがFX勉強会に入会し学習を続けこの考えを矯正していく事になる。

こんな先生の言葉がある。

f:id:wakakiyo1188:20191103114532p:plain

このようなアドバイスがきっかけで「あ、俺の考えって間違ってたんだ」と気付く。

チャート分析力が上がってくると「ここでは手を出したくないなぁ」と自然に思えてくる。

結果エントリーが少なくなる。

勝率が上がる、資産が増える。

f:id:wakakiyo1188:20191103120049p:plain

上記はトレードの質と資産曲線の関係をグラフ化したものだがトレードの質が良いとある時期を境に爆発的に増えていく事になる。

逆に悪い人は勝率が上がらないので低迷している。

トレード数が多いことはアドバンテージではない。

1日20pipsという皮算用ではなく、週に1回、月に1回でもいいので渾身の20pipsを狙ってみたら新しい景色が見えるだろう。

《近況報告》

足の親指にヒビが入りました。

今年いっぱいは静養です。