FXにおける「損切り貧乏」からの脱却

「FXにおいて、エントリーポイントが全てである」

そう先生は良く言われます。

これは、紛れも無い事実です。

但し、どんなに良いエントリーポイントだとしても、決済(主に損切り)を誤ると一瞬でゴミトレードとなってしまうのもまた事実。

今回はそういった損切りに関する気づきについてお話します。

FXの損切りとは即ち「負け」であるという事を自覚する

当たり前の事を言いますが、FXでは買った後、上がったタイミングで確定すればお金が増え、下がったタイミングで確定すればお金が減ります。

つまり、お金がどんどん減っていく人というのは、自分でお金を減らす決断を何度も行っているという事に他ならないということ。

FXで下手な損切りは裏目に出る

勝てていない素人トレーダーの行動というのは、裏目に出ます。

例えば「お金をこれ以上減らしたくない為に、逆行したらすぐ損切りを行う」行動。

これってお金を減らさないようにする行動の筈なのに、結果的に「率先して損を取りに行っている」事になってしまっていたりします。

例えばこれ。

過去に紹介したこの阿呆トレード。

f:id:keyroiro:20190906204617p:plain

エントリーポイントの良し悪しはひとまず置いておいて、売りをした後、勢いよく逆行した直後に決済(損切り)を行っています。

この動き、何か違和感があるなと思ったら、コレ…。

利食いのときの方法」なんです。損切りでなく。

先生がよく言われている事の1つに「利食いは直線で取る」というものがあります。

この損切りはまさに「買いだったなら」何と良いトレードか。

ま、買いじゃないんですけども。

こんなトレードばかりやっていたら、勝ち続けられるわけがありません。

じゃあ、どうすればいいか。

「利確が直線なら、損切りは曲線で行えばいい」という事です。

この場合は、こんな感じで。

f:id:keyroiro:20191017211401p:plain

FXで負けたくないなら、損切りをしなければいい。

先ほど「自分で損切りを行うからお金が減るんだよ(略)」というお話をしたかと思います。

だったら「損切りしなければいいのでは?」と思う人も居るかもしれません。

やや極論気味ですが、それもある意味正解です。

買いをしたとして、多少下がったとしても損切りをせず、上がるのを待ち続ける。

相場というのは波をつけます。

狙ったポイントからもう一段下げてくる、なんてのはザラです。

いずれは上がってくるでしょうから、そこで利確なり行えばいいわけです。

勿論これは、しっかりとした根拠がある事が前提です。

「この辺りで高確率で上げてくるだろう」と思えるからこそ保有するわけで、何の根拠も無くただボケーっと待ち続けるのは単なる博打です。

自分のトレードに責任を持つと、決済(損切り)が上手くなる

先生が良く言われる事の一つに「自分のトレードに責任を持ちなさい」というものがあります。

「ここで上昇すると思って買ったんでしょう?」

「だったら責任を持って待ちなさい。」

というもの。

トレーダーというのは、優位性のある所で正しいトレードをする事により利益を得られます。

投げやりなトレードはご法度であり、身を滅ぼします。

それを常々、肝に銘じておかねばなりません。