FXのポジポジ病の治し方~トレード計画(シナリオ)と本質の理解~

FXのポジポジ病対策にトレード計画(シナリオ)を作ると言う記事を書いた。

FXのトレードで思いつきでエントリーするのはやめたほうがいい - 勝てる!FX勉強会の日記

だいたい半年くらい前。

それを続けてきて分かったこと。

『シナリオを作るだけではポジポジ病の根本的な解決にはならない。』

当たり前の事に今更気付いた。

全然本質が見えていなかったなぁ~と言うお話。

※今回はポジポジ病脱却についてのアプローチなので、シナリオを立てずにトレードしないだろってそもそも論は一旦横に置いておく。

FXのポジポジ病対策にトレード計画(シナリオ)は有効

FXのポジポジ病対策にトレード計画(シナリオ)を作ることの有効性について。

効果があるかどうかで言えばある。

チャート分析の勉強にもなるし。

一石二鳥。

ただね、この方法って対処療法的な意味合いが大きい。

ポジション持ちたい!

トレードしたい!

もっと言えば、勝ちたい!とかお金を稼ぎたい!

って欲求を『シナリオに合致するまではエントリーしない』ってルールで押さえつけてるだけだから。

極端な話このルールって破ろうと思えば破れる。

咎める人もいないし甘い方に流される可能性も十分にある。

後ね、衝動や欲求みたいなものを力で押さえつけることがFXトレーダーとして正しい姿なのか?

って考えるとなんか違うよなぁ~と感じる。

チャンスだからエントリーします。ノーチャンスだからエントリーしません。って事を自然体でできる様になることがFXトレーダーとしての正しい在り方なんじゃないかなぁ~と思ったり。

FXトレードのシナリオを立てるのは必須、大事なのは本質を見ること

f:id:wakakiyo1188:20190922131935j:plain

本質とは何か。

それは無秩序にエントリーしても勝てない事を理解すること。

我が家のピラニア(2代目)みたいに何にでも食いついちゃダメ。

先生からも散々言われてる。

「勝てるところでエントリーする。」

「ルール通りにエントリーする。」

「沢山エントリーするからからお金が増えるわけではない。」

言い方は違えど根っこは同じ思想。

言葉の意味が分かるだけじゃ足りない。

心の底からそう思って行動に表れないといけない。

事実、自分は3週間ノートレードだ。

こんなに間が開いてるのは勉強会入会以来初めての事。

別にエントリーの少なさを強調してるわけではなくて偶々なんだけど特に焦りとかは無い。

単にチャート分析もロクに出来ていない、シナリオも作っていない状況で無理にエントリーはしたくないと思っているだけ。

それなら意味もなく張り付くより過去チャート見て勉強してようかってなる。

3連休最終日、せっかくの休みだしエントリーしなきゃ!と言う気持ちがあるならば「どうして自分はエントリーしたいのか?」ってことを一旦足を止めて考えてみたらいいかもしれない。

何か気づきがあればそれは目の前の20pipsよりも価値がある。