FXの専業トレーダーを目指したおっさんとFX勉強会との馴れ初め

FXを本格的に始めようと思ったのは勤めていた会社を退職して失業保険を貰っていた時期。

所謂無職の時だ。

元々FXというものの存在は知ってたんだけど証券会社に口座開いて放置とか、数万円入金して負けてすぐ無くなってそれっきりとかそんな感じだった。

まぁお遊びレベル。

で、サラリーマン辞めてるから当然給料なんか出ない。

金が無いからFXで稼ごう!って所に行きつく。

専業トレーダーになればサラリーマンなんかしなくてもいい!!

ストレスフリーな人生が!!

もう頭の中お花畑。

「専業FXトレーダーなんてすぐだぜ?」と謳っていた詐欺師

最初の頃は知人に習っていた。

「FX始めるの?勝ってるから教えてやるよ。俺から習えば専業トレーダーなんてすぐだぜ?」みたいな流れで。

当時の自分は「これで俺の未来は明るい!」とか本気で思っていた。

それからFXの勉強を始めるんだけど全然勝てるようになる気配が無い。

言う事がコロコロと変わる知人。

募る不信感。

増えていく損失。

気持ちだけが焦る。

で、確か勉強を始めてから半年くらいだったと思う。

その『自称』勝ってるFXトレーダーからフェードアウトした。

100万円くらい使ったかなぁ。

全部無駄になった。

専業FXトレーダーになることを諦めきれなかった

f:id:wakakiyo1188:20190916183618p:plain

その人からFXを習うことは無くなったんだけどFXで勝てるようになりたい、専業トレーダーになりたいって気持ちはずっと持っていた。

自分の力(スキル)で金を稼いでメシを食っていくって事に憧れがあったからだと思う。

実家が商売をしていてそれを小さいころから見ていたってもの関係してるのかもしれない。

もちろんサラリーマンなんか真っ平ゴメンって言う邪な気持ちもあった。

そりゃそうよ。

でもどうすればいいか分かんないからとりあえずグーグル検索する。

『FX 勝ち方』とか『FX 専業になるには』とかで。

そこで専業トレーダーの先生が書いているブログ読みなよ。がヒットした。

先生の歯に衣着せぬ言い回しは自分の心に響き寝食を忘れて読み続けた。

読むほどにこの方の下で習いたいという気持ちがムクムクと大きくなり、記事を読み終えたらすぐに申し込みの作文に取り掛かった。

そして無事入会の許可を頂き現在に至っている。

その間にも紆余曲折あったんだけどそれはまた別のお話。

ちなみに専業トレーダーにはまだなれていない。

FX勉強会に所属するだけで自動的に専業トレーダーになれるわけではない。

当然自身の努力が必要不可欠だ。

でもね目標があると人生が活気づく。

華やかになる。

今とても楽しい。

躊躇せずに飛び込んた当時の俺!グッジョブ!!