移動平均線を使った「超高勝率」FX手法。

先週からポンド円がぐいぐい上昇していますね。

こういう時に使える高勝率手法があるので紹介します。

これ、ほぼ確実に勝てます。

5分足の200MAタッチで買い。

f:id:grnble64:20190913153442p:plain

手法と言って良いのかわからないくらいシンプルですが、これだけです。

200MA(単純移動平均線を使います)に上からタッチした瞬間に買います。

そして、直近高値くらいまで取っておしまいです。

本当にこれだけで勝てます。

エントリー前に確認すること。

上昇が強いときに使います。

先程の画像を見ていただくと良くわかりますが、この手法は上昇が強い局面で使います。

上昇トレンドでぐいぐい上がっているのはもちろんのこと、エントリー直前に大きな下降がないことも大事です。

今回のようにエントリー前の戻しは小さい方が良いです。

また、上昇が強いことを確認するために1時間足のチャートも見ると良いです。

f:id:grnble64:20190913153542p:plain

画像の5分足チャートに表示させている赤い縦線が、ちょうど1時間足チャートの赤い縦線の時点を表しています。

このように、上位足でも強い上昇が発生していることが条件です。

1回目のタッチで使います。

f:id:grnble64:20190913153557p:plain

もう一度5分足に戻ります。

全体が見えるように、先程よりも小さく表示させました。

ここで注目するべきは、200MAを最初に上抜けたところからエントリーするまでのところです。

200MAを上抜けた後、かなりの間200MAの上の方を動いています。

そして、しばらくして200MAにタッチしています。

この初めてのタッチがエントリーできるタイミングです。

「初めて」というのが大事です。

2回目では使えません。

f:id:grnble64:20190913153638p:plain

2回めで買うと、そのまま下抜けてしまう場合が多々あります。

下降トレンドでは使えるのか?

この手法を知って誰もが考えつくのは、下降トレンドでも同じように200MAタッチでエントリーすることだと思います。

しかし、ポンド円に限って言えば下降トレンドでこの手法を使うことはできないと思います。

確かに、下降トレンド時でも200MAタッチで売れる場面はあるのですが、上昇相場よりも条件を厳しくしたり、環境認識をしっかり行わないとエントリーできない印象です。

よって、まずは上昇時のみこの手法を使うのが良いと思います。

エントリー頻度について。

この手法は、エントリーできる頻度はかなり少ないです。

というのも、大きな上昇が発生すること自体が1年に数回あるかというくらいだからです。

つまり、この手法はここぞというところで使うことで本領を発揮します。

常にこのパターンを待ち構えるというよりは、普段は頭の片隅に置いておいて、大きな上昇が発生したら使ってみるというくらいで丁度良いです。

使える場面が少ない分、勝率が非常高いので、大きな上昇トレンドが発生した時はしっかりと狙っていきたいところです。