【勝てる!FX手法】押し目を見極める!【フィボナッチリトレースメント】

FXトレードにおいて押し目買いという手法がある。

トレンドに沿って戻したところ(押し目)を買いエントリーする手法だ。

ただねコレ絶対的な問題がある。

「押し目ってどこやねん!」

過去の自分が持っていた疑問。

って言うか今でも思う。

結論から言うとインジケーターのドコソコの数値だけ見てればOKみたいなのは無い。

そんなお手軽手法は存在しない。

だが様々なツールを使って多角的に分析すれば、その押し目を捉える事が出来る。

FX押し目買いツール:フィボナッチリトレースメント

『多角的』って言葉は説明する側からすると便利な言葉。

だって本当に様々な角度から色んなツールを使って分析しているから。

その煩わしさを一言で説明できる。

でもね聞く側からすると具体的ではない。

フワッとしてる。

「色々やってるのはわかったけど結局何使うのよ?」ってなっちゃう。

ってなわけで1つずつ紹介していく事にした。

第1弾はフィボナッチリトレースメント。

通称FR。

高値安値に当てて戻しの深さを計るツール。

使う値は38.2%と61.8%の2つだけ。

う~んシンプル。

f:id:wakakiyo1188:20190901191214p:plain

f:id:wakakiyo1188:20190901221136p:plain

ちゃんと効いている事がわかる。

フィボナッチリトレースメントの値は買えるかも要素の1つ

フィボナッチリトレースメントに限った話では無いんだけど、分析ツールの数値に振り回されてはいけない。

38.2%や61.8%に達したからと言ってすぐに買ってはいけないという事。

あくまでもそこに達することによって「そろそろ買えるんじゃないか?」と考える要素になり得るという話。

ここにフィボナッチエクスパンションやエリオット波動、トレンドラインなどほかの要素も肉付けしていってエントリーに値するか決める。

あともう1つ。

使える時間軸について。

押し目買いと謳っているのでエントリーポイントを捉えるイメージが先行してしまうがそんなことはない。

どの足でも使える。

1時間足でも。

f:id:wakakiyo1188:20190902022145p:plain

4時間足でも。

f:id:wakakiyo1188:20190902022206p:plain

フツーに効くしフツーに使っている。

後は自分で色々試してみるのが最高だ。

「へ~そうなんだ~。」で終わると勿体無いお化けが出る。

チャートを開いて目に付いた所に当ててみる。

効く所と効かない所の違いはなんだろう?

ローソクの形?

直前の動き?

上位足?

疑問が生まれたらこっちのものだ。

解決する為にまた色んな事を試す。

この行動を繰り返す。

トレーダーとして糧になる。

すると『押し目買い どこまで下げたら 買えるのか?』問題に終止符を打てる。