相場観が違うとここまで違う!?FXにおける目線について

先日、リアルタイムにてエントリーし、20pipsほど利益を得る事が出来ました。

しかしFX勉強会内の動画解説にて先生の相場観と自分の相場観がズレていました。

「何故(私が)そう考えるに至ったのだろう」と改めて考える必要があるなと感じましたので、今回は実際に行ったトレードを再度見つめ直し、違いをお話します。

まずはその場面の環境認識から

f:id:keyroiro:20190823204822p:plain

FXポンド円4時間足。

明らかな下降トレンド。

過去にエリオット波動5波の「ような」動きで勢いよく下げてきている。

直前、日足レベルで引いた水平線から急上昇してきた。

f:id:keyroiro:20190823204837p:plain

FXポンド円1時間足。

部分的に見るなら、ちょっとした上昇3波のような動きで勢いよく200MAへ衝突。

200MAを抜け切れず、一度下げてきた。

エクスパンション的には161.8到達済み、261.8到達出来ないくらいで戻している。

前回下げている所の辺りでヒゲを付けている。

下降全体に比べ、直近の動きはFR38.2に満たない。(=些細な上昇である)

f:id:keyroiro:20190823204846p:plain

FXポンド円5分足。

勢いの強い上昇があるも、上昇後すぐさま戻しがFR38.2にタッチしている。

その後、再上昇出来ずに200MA付近まで落ち、200MAを微妙に割り込みながら上昇するも再び200MA内まで戻される。

ここまでの動きが、エリオット波動4波のようである。(下降の5波来るか?)

上側からラインが引けそう。

矢印で「売り」エントリー。

決済は1度逆行を堪え、目標の20pips到達のタイミングで行った。

私の相場観に基づいたトレードはこのような「売り」でした。

(エントリーポイントについては「文句なし」と言えるようなものでは無いですけど!)

しかし、この相場での先生のお勧めは「買い」でした。

買い視点で再び5分足を見てみます。

f:id:keyroiro:20190823204900p:plain

上昇に対し、戻しがFR38.2程度で止められている。

エリオット波動5波の「ような」形状で下げてきている。(5波終了後の上昇狙い)

しばらく時間が経過しているにも拘らず下げてこない。

直前の戻しにFRを当ててみると38.2と61.8の間で揉んでいる。(下がらない)

一応下側にラインが引ける。

ここでエントリー。

1時間足の200MAを上抜ける事を考えてはならない為、2・30pips伸びたら利確する。

どうして目線(相場観)が異なったか

私の相場観的にはここでは「売りを狙うべき」と判断しましたが、先生の相場観的には「買いを狙うべき」相場とのこと。

同じ手法でトレードしている筈なのに、何故こうも違うのか。

私の相場観と先生の相場観の比較

<私の相場観>

・上位足が下降トレンドであり、急上昇があったとはいえまだ些細なもの。

・上げた後の戻しで買うのはやり易いものの、下降トレンドということもあり根っこで入るより不利になるだろう。

・1h200MAで止められているようであり、こういった所で200MAを上抜けていくような事を考えてはならない。(=買いは考えられない→じゃあ売ってみよう)

<先生の相場観(推測)>

・上位足の動き的にエリオット波動5波終了のような形であり、上昇1波のような突発的な上昇があったため、トレンド転換に成り得る可能性がある。

・強い上昇の後なので売りづらい。そのため、戻しで買ってみる。(鉄板)

・下降の勢いが強いのなら、200MAからすぐ落ちてきているだろうが、そうはならなかった。

・勿論200MAを絶対に上抜けていくとは考えてはならないので、最適なポイントで少し取る事を意識。

<どういった点が違うか>

私の相場観の主眼が「下降トレンドと200MA(インジケーター)」で、先生の相場観の主眼は「全体の流れと直近の動きの兼ね合い」でした。

先生の考えと私の考えを比べてみると、先生の考えはチャートを俯瞰的に見られているのに対し、私は分かり易いものに気を取られ過ぎていたのではないかと。

「下降トレンドで200MAがあるからここでは売りなんだ!」とやや思考停止気味だったかなぁと反省です。

また、インジケーター(今回でいう200MA)を重視しすぎるのは不味いので出来るだけそうならないよう気を付けていたのですが、いつの間にかそっちに気を取られ過ぎていたかなと感じました。

とはいえ「今回のこの辺りでの売りは駄目というわけではない」とのこと。

先生曰く。

「自分でちゃんと考えた結果、売ったのなら良い。」

「但し(上昇の)戻しを売りで取るのは難易度が高いという事を覚えておいてほしい。」

とのことで「ああなるほど」と腑に落ちました。

相場というのは全部が全部理にかなった動きにはならないですし、今回も本来買いを取るべき所でたまたま売りで取れただけの可能性も大いにある。

なので1つ1つの勝利に浮かれず「適切にトレード出来たか」を日頃から心がけて行きたいです。