FXで勝つための相場ノートの書き方をまとめてみた。

FXトレーダーとして成功するための取り組みの一つに、毎日の相場状況をノートに記録する、というのがあると思います。

一口にノートを書くと言っても、人によってもちろん書き方に違いがあると思います。

ただ、私がFXを学んできた中で、これを書いたら身になるなとか、逆にこれは余計だなとか考えるうちに、効率の良いノートの書き方というのがわかってきたのでまとめてみます。

FXの相場ノートの基本

基本的に、書くことは多くありません。

  • その日のチャート画像
  • 自分の分析
  • 自分のトレード(あれば)
  • 反省、振り返り

これだけあれば十分です。

勝つために必要な要件はこれで揃っています(私は振り返りに組み込んでしまっていますが、目標を書きたい人は分けて書いても構わないと思います)。

しかし勝てないうちというのは、とかく余計なことをしがちです。

勝率が上がって勝てるようになってきたのは、それに気付き、FXで勝つために必要なことだけを100%やり続けるようになってからでした。

FXで勝てるようになるために必要なこと以外は書かない!

メンタル編

私が以前やってしまっていたことなのですが、ノートにはトレード技術に関することだけを書きます。

特に、トレードに負けた時は余計なことを始める危険性が高いです。

「ストレスが溜まっているときはトレードしないようにする」とか、「トレードは1日1回」とか、「ポジションは2つ以上持たない」とか、「ドテンはしない」とか、自分の都合の良い反省をしがちです。

本人は真面目に反省しているつもりでしたが、ただメンタルのせいにしているだけの薄い反省です。

当然のことですが、プライベートの事情なんてものは相場にとって全く関係のないものです。

表面的な反省ではなく、どうして負けたのか、分析に不備がなかったか(絶対にあります)、次回からどうすればこの状況で勝つことができるのかといった値動きの意味を考えることに集中するべきでしょう。

情報編

これについては勉強会の方は心配ありませんが、トレードの上達とは関係ないような情報をあれこれと入れてしまうのも良くありません。

通貨ペア(ポンド円しかやらないので)、トレードした価格、トレードした時刻、○○時間、指標発表、その他ニュース、一切必要ないです。

余計な情報を書けば書くほど、何が重要なのかわからなくなります。大切なことがぼやけてしまいます。

トレード上達に必要なのはそういった情報ではなく、チャートの形状を見ることです。

チャートの形状だけを100%根拠としたトレードをするのが正しいFXの学び方なので、ノートにはチャート画像をポンと貼るだけ。

その画像の中に、FXで勝つための要素は全て詰まっています。

FXの相場ノートを書き続けて起こった変化

勉強会入会からトレードノートを書き続けてきた結果、自分の書く内容が変わってきたなと思うことが多々あります。

最初の頃は、何もわからない所から始めているので、的外れなことを書いたり、全然チャートの根拠を拾えてなかったりします。

アイデアも全然思いつかない状態です。 f:id:grnble64:20190810125958p:plain

少し時期が過ぎてくると、拾える根拠が増えて情報量が増えてきます。思考を整理するためにたくさん文章を書いている感覚です。 f:id:grnble64:20190810130009p:plain

そして、わかるところが増えてくると分析がスッキリし始めます。重要な所が拾えるようになるので、余計なことや冗長なことも書かなくなります。 f:id:grnble64:20190810131106p:plain

最近では分析よりも、その他の気付きの文量が格段に多くなりました。そこからトレードを更に成長させるアイデアが浮かんできます。

今自分の中でアツいのは、相場の波のリズムを観察することです。

このアイデアも、自分の負けトレードに対する反省から生まれていて、相場ノートを付けていなかったら絶対に生まれてこなかったものです。