FXで勝てるシナリオ作りに向けた日々の鍛錬&実トレード反省。

この頃「如何に勝てるシナリオを作るか」が個人的なマイブームとなっています。

「シナリオ」というのはFXトレーダーにおいてある種の生命線であり、大成するために重要な要素の1つであると言えます。

前回のシナリオ作りの記事では失敗例(?)を出しましたが、今回は成功例を出して「正しいトレードが出来ていたか」反省を行います。

FXで勝てるシナリオはこのように考える

f:id:keyroiro:20190802153236p:plain

まずはFXポンド円4時間足。

下降トレンドが続いています。

直近安値を大きく抜ける下降があり、4時間足単体ではどこまで下げるかはまだ分かりません。

そのため普段はあまり見ない4時間足より上位の足を見てみます。

f:id:keyroiro:20190802153249p:plain

これがFXポンド円1日足。

日足についても下げの目的地候補として「これだ!」というものはありません。

但し前回長いヒゲを付けて上昇した値に現在居ることがわかります。

数値上安値を抜けてきていますが「この辺りで下降が収束する事もあり得るな」と思える所。

(注意点として、日足は4時間足以上にあくまで「参考」として考えねばなりません)

f:id:keyroiro:20190802153318p:plain

FXポンド円1時間足。

強い下降があった後。

下降のリトレースメント38.2には全く届かず、下の方で停滞している。

どう見ても売り優勢な状況ではある。

先程の日足の件が無ければ恐らく買いはしなかった事でしょう。

f:id:keyroiro:20190802153329p:plain

FXポンド円5分足。

下降の戻しで200MAにタッチしても下げが無い。

横ばいの状況が続いている。

チャートが出来上がるうちに、200MAに複数回タッチし、上抜け。

上側ラインは抜けてきているのに対し、下側ラインは抜けず。

200MA抜けした後の戻しで、やはりラインを抜ける事が出来ない。

ここでエントリーしました。

リアルタイムでのシナリオはこのように考えていました。

<シナリオ>
・横ばい
・横ばい→下げない→急上昇
・横ばい→下降
・横ばい→下降→下降否定する上昇

<目線>
基本は売り(戻しから)。ただ、下がらないなら買いを考えていく。

<対策>
・下降FR38.2→売り
・現在位置で横ばい→出来るだけ右側で買い
・FE161.8→売り
・下降FR61.8→様子を見て売り

環境認識・シナリオ・目線については問題なし。

対策は、もう少し具体的に書いておけばなお良かったかなと言う所。

(例:安値更新が滞り横ばいになり、200MAを抜ける→戻しからライン等で買い。)

FXで勝てるシナリオ=正しいシナリオ

勝てるシナリオを考える中で、一番考えていた事は「買えそうな場面が来たとして、そこで買うのは正しいトレードなのか?」でした。

全体的には下降トレンドであり、4時間足1時間足ともに下降優勢。

売りをしたいのはやまやま。しかし、相場的には先の先。

1時間足と5分足的には下降がやや停滞してきているという場面。売りには適さない。

じゃあ、買いならどうだろうか。

普通なら急上昇後の戻しで買いをするのがセオリーではあるが、下降の戻しが未だ殆ど無いためそれも出来ない。

買い可能な根拠らしい根拠は1日足の安値くらいしかない。(これも心許ない)

…が、しかし。現在の状況的には買い有利なのではないか、と。

どういう事かと言うと、youtubeやブログ等で先生が良く言われている「高い所で買うより出来るだけ低い所で買ったほうが有利に決まっている」というやつです。

だから「本来戻すべき所まで上げてきていない今がチャンスなのでは?」と考えました。

しかも、あてずっぽうに急下降直後に買おうとしているわけでなく「十分な様子見の期間を設ければ買えるだろう」と想定し、実際に行ったというわけです。

もう1つ言うとすれば過去にも同じような動き何度もあったよなーと頭の中に浮かんできたというのもあります。

(些細な事と思われるかもしれませんが、これも勝てるシナリオ作りにおいて大事なことと言えるでしょう)

FXで勝てるシナリオを作るための必須条件3つ

まずは、手法が明確である事。これは大前提。

曖昧な手法だと、「正しい事を出来たか」の判断が出来ない。

そのうえですべき事、その1勝ちパターンを複数持つ。

これが無い事には始まらない。

「相場が~~の状況になったら売りを考えよう、そうすれば勝てるだろう」と理解しているからこそ、そういう「勝てるシナリオ」を立てられる。

闇雲に「相場がこうなったら売り(買い)」と考えているだけでは、勝てるわけがありませんね。

必須条件その2。毎日相場を欠かさず見る

一見さもない事に思いがちですが、勝てるシナリオ作りにおいては必須です。

過去に先生もどこかで言われていましたが、相場の現在状況が鮮明に思い出せるような状況にあるかそうでないかで大きな差が生まれます。

私も過去に何度も同じような事をやりました。

「今日くらいは相場見なくていいや~」と相場を見ないと、次の日良いエントリーポイントが来たとしても見逃したり、やらかしたりすることが体感的に多いのです。

そのため私は平日1日1回は必ずシナリオ作成&前日のシナリオを振り返りを行っています。

必須条件その3。「絶対~~でなければならない!」と決めつけない。

「トレーダーは未来はわからない」と先生は言われます。

その通り、相場の動きを完璧に予測することは不可能です。

「自分の思惑通り相場が動かない」なんてことはザラですしね。

FXにおいて、絶対は無いのです。

自分の思惑通り相場が動かなくともションボリせず、またもう一度シナリオを考え直せばいい。

「ここは絶対下げるんだ!そうに決まってる!」と思考をロックするのは死亡フラグなのでやめましょう。

(「下げる時は何処までも下げる」と先生がいつぞやの記事で言われていました。)

あと「相場の今後の動きを当てる事だけに終始する」のも無意味なのでやめたほうが良いですね。

相場の動きを予想した後の「じゃあ(そうなったら)どうするの?」が最も大事であることを忘れてはいけません。