FXで勝てるようになるためには、毎日のシナリオ作成は必要

f:id:hajime0707:20190801215955p:plain

約20pips取りました。

獲得pipsは大したことないですが、事前に立てたシナリオがドンピシャで当たって取ることができた、価値のあるトレードです。

下降トレンドなので、売りを狙うシナリオを立てていた

f:id:hajime0707:20190801212905p:plain

上図が実際のシナリオです。

f:id:hajime0707:20190801215346p:plain

赤い縦線のポイントでシナリオを立てました。

4時間足、下降トレンドということが一目瞭然です。

しかし、かなり下方まで下降してきているので、安易に売るのは怖い局面ではあります。

f:id:hajime0707:20190801215639p:plain

1時間足、直前で数百pipsの強い下降が発生しました。

その後、しばらく横ばいが続いていましたが、勢いのある上昇が発生。

しかし、下降のFR38.2にも満たない程度で、しかも大半が戻されています。

この値動きを見て、まだまだ下降の力が強いと判断しました。

どのような値動きになれば売れるのか?というシナリオを立てる

f:id:hajime0707:20190801215733p:plain

下降の力が強いのでどこかで売りたいですが、ではどこで(どのような値動きになれば)売れるのか?ということを考える必要があります。

1時間足の値動きをよくよく見ると、小さな上昇エリオットが数えられそうです。

強い下降や上昇の後の調整の値動きの時に、こういう形になることがあります。

シナリオを立てた時点では、下降4波にあたると思われます。

ということは、これから上昇5波まで終了した後に売りの値動きになればエントリーできるのではないか、と考えることができます。

これからどのような値動きになるのか、スマホをチラチラ見ながら観察します。

シナリオ通りの値動きになったので、ルールに則ってエントリー

f:id:hajime0707:20190801215904p:plain

思惑通りに上昇してきました(上昇5波)。

しかもその力は弱弱しく、高値を上抜ける力はなさそうです。

f:id:hajime0707:20190801215955p:plain

5分足を見てみると、案の定、高値を更新できず横ばいになってきたところで売り。

下がりに下がりきった先っぽなので、あまり欲張ってもいけないので粘らずに直近安値で利確しました。

FXで勝てるようになるためには、毎日シナリオを立て振り返ることが大事

今回はドンピシャでシナリオが当たって勝てましたが、毎回このようにはいきません。

全く外れる時もあれば、その時々で修正を加えていく必要があるときもあります。

ただ一つ言えることは、毎日シナリオを立てて振り返ることで、精度は上がっていくということ。

外れても一日の振り返りで、どのようにチャートを見るべきだったのか、と考えることを地道に続けることで、少しずつ自分の力になっていきます。