FXのシナリオをリアルトレードに上手く反映するには?

この頃、意識的にシナリオの組み方を考えて行っています。

そのおかげか、シナリオ自体は結構当たる事が多くなってきました。

…ただ、そのシナリオをリアルトレードでまだ上手く扱えているとは言い難い。

リアルトレードで「ここは見逃そう」と思っても、後から見返してみると「ココ入れたよな…」と思う事もしばしば。

今回紹介する場面もそういった悔しい場面の1つです。

FXリアルトレード時の環境認識

f:id:keyroiro:20190726175406p:plain

まずはFXポンド円4時間足から。

相変わらずの下降トレンドが続いています。

1つの目安となるエクスパンション261.8に下降が到達、そこから上昇があった。

それが現状上側ラインで止められている。

止められてはいるものの、暫くの間まともに下げていない為「お、これは?」と思う所。

f:id:keyroiro:20190726175422p:plain

FXポンド円1時間足。

エクスパンション261.8から勢いの良い上昇があり、200MA付近まで上げた。

200MAからの下げは、長い陰線を2本つけただけに留まり、その後全然下げらていない。

再び200MA抜けていけるか試したが、戻されている。

という事は「まだ暫く揉むのか?」と考えられ、今まで高値抜けや安値抜けもせず横ばいである。

上昇の戻しは、50%付近までで留まっている。

下側TL引けない事も無いが、そこまで信用できるものでもない。

f:id:keyroiro:20190726175435p:plain

FXポンド円5分足。

直近までの動きは200MAを上下に挟んでもみ合っている。

エクスパンションを引くとすると、使えるのは2つ目の高値のポイントで、ダラダラと261.8まで落ちてきた。

FXリアルトレード時のシナリオはこう考えていました

私はこの時点で、以下のようなシナリオを立てました。

(拙いですが、リアルトレード時の原文そのまま載せます)

<シナリオ>

1.下がらない→急上昇で1h200MA抜け

2.下降継続→安値抜け

3.下降継続→安値抜けられず

<目線>

現状の位置ならば買いを狙いたくなる。

1h200MA抜けられませんの動きが出れば、売りも狙えそうだが今のところは買いメインで見る。

<対策>

・現在位置付近から下げず5mで買える形→買い(過ぎたか?)

・1h200MA突き抜け、戻しが安値抜けない→買い

・1h200MA突き抜け、戻しから→買い

リアルトレードに備え、シナリオを考えているうちに、買えそうなポイントが過ぎてしまった為、暫く様子を見ました。

すると、上昇後、勢いよく下げて行ったではありませんか。

「あれ?シナリオ間違えたかなぁ?」

と思い、暫くの間チャートから目を離していました。

そして暫く経って様子を見たら、このようになっていました。

f:id:keyroiro:20190726180731p:plain

FXリアルトレードでシナリオを生かすためにはどうすべきか?

今回の場合、シナリオ1番目が当たってはいたものの、対策に穴があったために取れずに終わってしまいました。

対策がなされていない=想定外であった、という事。

こういう「下降を否定するパターン」は割と起こりやすいのですが、リアルタイムではすっかり失念していました。

自分の「分かるパターン」を増やすためには、継続的なトレーニングが不可欠。

何事にも地道な努力は欠かせないというわけです。

「練習は全く上手く行かないけど、本番だと何故か上手く行くんだよね~」みたいな、お目出度い話はFXではあり得ません。

今回のリアルトレードにて、本来何処でエントリー出来たかと考えるなら、候補はこの3つに絞られるでしょう。

f:id:keyroiro:20190726175625p:plain

1つ目は、直近のエクスパンション261.8で暫く止められた所。

この何とも言えない横ばいの動きはエントリーし辛くはありますが、5分足直近の動き的には下降が強いとは見えないため、出来なくはないでしょう。

(このポイントで他の勉強者さんが損切りされているのを見ましたが「私もここでエントリーしていたらやりかねないな…」とヒヤッとしました)

2つ目は、上昇が否定された直後、長めの陽線から。

直前の窪みにエクスパンションをあてると、一応161.8があり、261.8からぐっと上昇があったと見る事が出来る…が、それ以外に根拠が見当たらない為、1と同じかそれ以上にエントリーし辛いような感じ。

3つ目は、直近の下降を全て否定した所。

恐らくここが最も入りやすいのではないでしょうか。

先ほど言った通り、直前の動きを否定する動きがあった時というのは、上昇下降どちらにせよ「勢いが強い」という事。

そこから更に上下する事が多々あります。

ただ、ココというのはFX勉強会内の手法で言うと、5mの明確なエントリー根拠が無く見えます。

先生は常日頃から「エントリーするなら引くものはちゃんと引いてエントリーしなさい」と言われます。

「無理やりだとしても、必ず手法に則ったトレードをするべき」というわけです。

だからここでエントリーをするなら、こうなります。

f:id:keyroiro:20190726175647p:plain