FXの学習を継続するために、馴れ合いは必要はないけど仲間は必要

FX勉強会に入会して、2年が経過しました。

FXの学習を続けている参加者の中では、古参の部類に入ってしまうのかもしれません。

順風満帆とは言えず、山あり谷ありの2年間でしたが、これまで辿り着けたのもFX勉強会の仲間が居たからだと実感しています。

FXは、意味のある学習を継続することで勝てるようになる

先生がよく仰る言葉です。

もちろん個人差はあります。

2年間それなりにFX勉強会に参加していれば、その傾向が見えてきます。

あっという間に結果が出る人もいれば、結果が出るまで時間がかかる人もいる。

しかし、FXで「あっという間に勝てるようになり、それを継続できる人」は少ない。

f:id:hajime0707:20190716214615j:plain

相場のように上がったり下がったりを繰り返して、平均すれば高い位置にたどり着いているような感じでしょうか。

今月は利益を残せても、来月はどうなるかわからない。

勝てるようになり、そしてそれを継続できるようになってきている人は、地道にFXの学習を続けてきた人がほとんどです。

また、順風満帆に成長してきたわけではなく、どこかで調子を崩しやらかした時期を乗り越えています。

何でもそうですが、上手くいかないときに踏ん張れるかどうかが大事です。

現在のFX勉強会には、FXの学習を継続するための仕掛けが多くあります。

FX勉強会に入会したばかりの頃は、仲間との交流がなかった

現在教えていただいている「フィボトレード」が解禁されて、ちょうど1年くらい経った頃に入会しました。

すでにFX勉強会の内容やFXの手法は確立されていましたが、現在と大きく違う点は参加者同士の交流が全くなかったということ。

通話だけでなく、文字でのやり取りもありませんでした。

私は、FXを全くやったことのないど素人の状態で入会した上に、才能がなく要領が悪いので、しばらく月間で利益を残すことができませんでした。

買ったら下がって損切り。売ったら上がって損切り。これが当たり前のように続く。

何度も萎えてしまいそうになりましたが、毎日同じようにFX勉強会に報告をアップしている方の名前を見ては「これではいかん!」と、奮起していました。

とはいえ文字だけなので、FX勉強会に参加しているのにもかかわらず、孤独な感じがしていました。

振り返ると「よく続けられたな」と思いますが、下手にビギナーズラックで勝つこともなく、底辺からのスタートだったことがよかったのかもしれません。

FX勉強会で仲間との交流の場「座談会」が始まった

FX入会から数か月ほど経った時に、「座談会」が始まりました。

座談会というのは、参加者同士で通話や文字でやり取りを行うというもの。

FXでの悩みや考えていることを話すことで頭の中が整理でき、気持ちをリセットできます。

学び始めたばかりの頃や、上手くいっていないときは参加が億劫になりがちですが、そのような時こそ参加することで得られることがあります。

実際に勝てているFXトレーダーと話をすることで、チャートの見方のヒントや、学習の仕方のアドバイス等をいただくこともできます。

FXトレーダーとして成長するために、非常に有効だと実感しています。

今年からFX勉強会オフ会開催!直接、仲間と会って話ができるようになります

f:id:hajime0707:20190716215042p:plain

座談会のほかにも、FX勉強会内には学習を継続できるような仕掛けがいくつもあります。

先生がTwitterで厳しい口調ですが、励ましを呟かれたり・・・。

さらに、年に数回ですが、オフ会が今年から始まるそうです。

FX勉強会の参加者だけでなく先生も出席されるそうなので、行かない手はありません。

会って得られるものは、恐らくオンラインとは比較にならないでしょう。

陰キャ、コミュ障、休日引きこもりと中々のスペックですが、これは参加します。

エネルギー充電するでー!

参加するなら先生の隣に座りたいですが、席はくじ引きなのかな?