FXで意味ない勉強により無駄な時間を費やさないための秘訣。

先生のブログにてこんなお話がありました。

【FXの勝ち方】あなたはもう失敗しない、意味ない勉強をしない。

この話、私にとってかなりドンピシャでとても感銘を受けました。

今回はこのお話を基に、私の過去の経験を踏まえてお話します。

FXで意味ない勉強をしないために①選りすぐらない

本題に入る前に。

人によっては誤解を生む可能性があるため、念のために訂正しておきます。

FXで(勉強は)意味ない。

ではなく。

FXで意味ない勉強をしない。

という事。

FXにおいて「勉強は意味ない」と極論を言う人がネット上には居るかもしれない。

私が言いたいのは真逆。

「FXでは”効果的な勉強”をしないと上達しませんよ」という事です。

…話を戻しまして。

私の過去のブログ記事にて「教わった手法の選りすぐりをしていたことがあった」とお話しました。

先日のブログ記事で書いた「ここで買わないのはあり得ない!」というような鉄板パターンもあれば、「ここはこうだからこう。だからここで売りが狙える」というような応用パターンもある。

過去の私は鉄板パターンばかり目を向けていて、応用パターンについては「今は難しいからパス。鉄板パターンを覚えてからやることにしよう」と選りすぐりをしていた。

それでトレードスキルが上達するか?…いいえ、しない。

結局、先生の言葉って全部大事で、意味ない事・余計な事なんて何一つないのです。

だから選りすぐったら選りすぐった分だけ上達が遅れていく。

ポイントは、消費者気分から脱する事。

出されたものはなんでも食べるような気概を持つ。

(あ、えっと梅干しだけはどうかご勘弁を…)

FXで意味ない勉強をしないために②自問自答(を反芻)しない

先生から紹介された動画の中で、3つの質問の話がありました。

これ、秘孔もとい図星をガツンと突かれた気分になりました。

学生時代、私はドのつくマイナス思考の持ち主でした。

覚えているもので挙げるとするなら、夜寝るときに「どうして私って駄目なんだろう」と考え続けたりしたことがありました。何十何百と。

でも、そういうマイナス思考が自分の人生で役に立った事は1つも無かった。

(しいて言えば、無駄だという事を身をもって体感出来た事が唯一プラスかもしれませんが)

私の悪い癖で、何か悪い事が起こると、同じ事を反芻して考える事がありました。

巷ではこれを反芻思考というらしく、酷くなると精神を病むらしい。

…それは兎も角。

後ほど説明する「形骸化しない」にも当てはまる事なのですが、結局は「フリ」だったのだな、と後から振り返ってみて気づきました。

悲しんでいる「フリ」、反省している「フリ」。

ただ単に「芝居」を打っているだけ。

自分はこんなに悲しんでいる、だから救いが無いのはおかしい、と。

そんな事をしていたって、自分の人生1ミリとも好転しないのに。

今思えば、とても意味ない、無駄な事をしていたなと思います。

FXで意味ない勉強をしないために③形骸化しない

f:id:keyroiro:20190705132635p:plain

先生のブログより。

これもかなり耳が痛い話。

「私も最初の頃の反省はこんな感じだったなあ…。」と感慨深い。

じゃあ、今はどうなのよ?という事で、これがFX勉強会トレード報告ページを自分の名前でソートかけてみた結果です。

f:id:keyroiro:20190705141429p:plain

さほど変わらないじゃん!と思った人もいるかもしれません。

一応言い訳をさせてもらうと、決済直後等は精神的に熱くなっている事が多い為、本格的な振り返りは後日行おう、と考えての事です。

ただ、よくよく考えてみると、トレード振り返りにも賞味期限があるよなぁと思いました。

後から振り返る事も大事。ただ、その時にどう考え、どういう発想でトレードしたか。

そこも重要なのではないか。

という事で、今日を以て後日の反省プラス、当日の反省もキッチリ行うようにします。

FXでは意味ない事ではなく、意味ある事をする。それこそが、勝利の秘訣です。

はぁ~またトレードスキル上達しちゃうよ~まいったな~。なんちゃって。