鉄板エントリーパターンで20pipsゲット!とその反省。

やりました!

久しぶりに「ここで買わないのはありえない」と先生が言われるポイントで買える事が出来ました。

「ここで買わないのはありえない」=「鉄板エントリーパターン」という事。

今回はそのトレードの解説と反省を行います。

FX鉄板エントリーパターンの環境認識

f:id:keyroiro:20190621184604p:plain

まずはFXポンド円4時間足。

明らかな下降トレンド。

前回相場の上昇リトレースメント61.8を大きく抜けてきています。

今の所下降が停滞(横ばい)になってはいない。

f:id:keyroiro:20190621190147p:plain

FXポンド円1時間足。

こちらも下降トレンド。

直近下降で前回安値を抜けている。

その戻しが下降の半分程度まで勢いよく上げている。

前回高値も数値上抜けており、そこから一気に下げて行く動きではない。

下側トレンドラインあり。

直近の動きは上昇3波的である。

f:id:keyroiro:20190621190519p:plain

FXポンド円5分足。

勢いの良い上昇の後、戻しが上昇の半分程度まで有り。

直近の動きは下降5波的な動きで推移。

(下降の力が強ければこういう戻しの波を付けない)

エクスパンション261.8あり、ぴったりで停滞している。

下降5波終了+余計に山をつけ、直前下降61.8まで上昇。

再度下げるも安値を抜けきれない所でエントリー。

20pips程度保有し利確。

鉄板エントリーパターンの1つである、上昇の押し目からの買いでした。

このポイントで買えていた人は他にもたくさんいました。(4名のみ抜粋)

f:id:keyroiro:20190621185825p:plain

今回のFX鉄板エントリーパターンの反省

FX勉強会、週間動画解説にて先生から説明がありましたのでそれを基に反省をします。

・環境認識

目線自体は問題なし。しかし、恥ずかしい事に重大な見逃しが2点ありました。

以下先生の解説動画より引用。

直近の動きは上昇3波のようであり、買いをするなら、上昇1波高値辺りか。

そして過去に○○○○が効いており、今回もそこで止められている。だから買い。

この2つを完全に失念していました。

また、動画解説内で1時間足の下側トレンドラインは先生は引かれていなかったことから、トレンドラインよりもよほどこの2つのほうが大事であったと解りました。

・エントリーポイント

わずかな差ではあるがやや遅い。これは先ほどの環境認識であった2点をちゃんと認識出来ていなかった故の迷いから入るのが遅くなったためです。

また、この辺りは複数の良い買いポイントがありました。

他のポイントを説明すると、停滞を1・2・3と確認して入る所であったり、全然下がらず上げてきて、直近の戻しを全てなかった事にした所などです。

f:id:keyroiro:20190621192447p:plain

…とはいえ、1つ良いポイントで入る事が出来たため、他のポイントでは再エントリーする必要はありません。

「同じような所でエントリーを複数回やる癖がつくと、いずれ口座破綻します」と過去に先生が言われていました。

こういう買えそうなポイントが複数ある所というのは鉄板エントリーパターンではよくある事です。

・決済

20pipsという最低限は取れているため及第点。一応ここには○○○○○もあるため手法通りではある。

先生の解説動画より引用。

ここでもし長めに持つとするなら、前回高値までとすること。

それ以上持つのは無い。

但し「前回高値で本来利確すべき」という事を理解して行うならアリ。

とのことでした。

今回鉄板エントリーパターンを掴む事が出来ましたが、100点満点とは言い難い。

次の機会があれば、根拠を取り漏らすことなく勝利を掴めるように努力する所存です。

先生のブログにて「上昇の押し目買い」についてさらに詳しく書かれているので良ければどうぞ。

11235813213455.net