「FXで勝てるチャート分析」をする上で大事なこと

f:id:hajime0707:20190525230506p:plain

現在教えていただいているFX手法のツールは、概ね正しく使えるようになりました。

TLの引き方、フィボナッチエクスパンション・フィボナッチリトレースメントの使い方、エリオット波動等々・・・。

この先、FXトレードの質をより向上させるためには、FXチャート分析において「値動きの意味を考えるということを強く意識して学習する必要があります。

FXチャート分析で大事なことは、「値動きの意味」を考えるということ

教えていただいているFX手法で用いるツールを正しく使用する、ということは重要です。

しかし、そればかりに目を向けるのではなく、実際の値動きはどうなのか?ということを蔑ろにしてはいけません。

FXチャート分析で「値動きの意味」を考えたトレードの紹介

この記事では、エリオット波動を根拠にしたトレードを紹介しています。

自分で言うのはアレですが、値動きの意味を考えてエントリーから決済まで行えたと思います。

実際にはエリオット波動だけではなく、FX手法のルールに則って様々なツールやインジケーターを交えてチャートを分析します。

FXトレードの質を向上させるためには、常にこういったことを、もしくはもっと深く考えたチャート分析をする必要があります。

FXチャート分析で「値動きの意味」を考えることができないと、どうなるのか?

いつか死にます。

相場がトレンドに乗っている時は、致命傷になることは少ないです。

トレンドと同じ方向にエントリーすれば、いい加減なところで買ったり売ったりしても勝てることが多いからです。

問題は、トレンドの転換時やレンジのような、もみ合う相場になった時です。

トレンドとは違って、チャート分析で色々なことに気が付かないといけなくなります。

特に値動きの変化に気が付くことは重要と考えています。

それができないと、トレンドで得られた利益を吹き飛ばす、もしくは口座破綻にも繋がりかねません。

手を出さない、というのも一つの手ですが、専業トレーダーになるためには、そういった相場の立ち回りも身に着ける必要があります。

失敗談、そして改善するべき問題点

f:id:hajime0707:20190525231805p:plain

FX勉強会へ入会したばかりの頃、とても強い上昇トレンドなのに売って損失になり、先生に指導をいただいたことを覚えています(笑)

その頃はそれが上昇トレンドだということがよく分からず、もちろん値動きの意味を考えることもなく、FX手法のルール通りであればエントリーみたいなことをしていました。

当時と比べると幾分かは上達したと思いますが、いまだに「値動きを蔑ろにして、FX手法のツール(インジケーターやフィボの数値等々)ばかりに目がいく」という問題点があります。

例えば、

  • フィボナッチエクスパンションの値があるからエントリーする
  • TLに接したからエントリーする
  • 200MAがあるから・・・等々

挙げればキリがないですが、それに至るまでの値動きを蔑ろにしていることが多々あります。

FXチャート分析がまだまだ浅はか、と言い換えられます。

FXチャート分析の精度を上げるためには?

リアルタイムでのチャート分析も必要なのですが、それよりも過去チャートであれやこれや考えるトレーニングが効果的です。

そこで教えていただいた勝てるFX手法に則ってチャートを分析してみる。

さらに値動きを細かく観察して「値動きの意味」を考える。

そういったトレーニングを地道に積み重ねることでしかチャートを分析する力は養われないと信じて、FXの学習を続けています。