FX 1日20pipsサクッと取る!スムーズなトレード。

先週、狙い澄ましたポイントからの買いで20pipsをサクッと取る事が出来ました。

余りやってこなかったパターンでの買いだったため、とても良い経験になりました。

今回はそのトレードを振り返ってみます。

1日20pipsはあくまでFXトレードの「最低限」

うちのFX勉強会において、1日(1回)20pipsは「最低限」とされています。

それ未満は先生に屑拾いと言われてしまいます。

「エントリーというリスクを冒すなら、ある程度取らないと駄目だよ」

というわけですね。

勿論「1日に絶対20pips取らないといけない」という意味ではありません。

あくまで「エントリー1回につき最低でも20pips取る」という意味です。

FXは1日20pips、精神的な負担なくサクッと取る

f:id:keyroiro:20190516215540p:plain

まずはFXポンド円4時間足。

今回は4時間足で完結しているといっても全く過言ではありません。

大きい上昇トレンドが終わり、レンジ相場的な流れに。

今までフィボナッチリトレースメントの38.2まで下げる事が無かったが、ようやく38.2まで下げてきた。

フィボナッチリトレースメント38.2の1回目タッチは、とても効きやすい。

いわゆる鉄板というやつです。

f:id:keyroiro:20190516212444p:plain

FXポンド円1時間足。

下降トレンドの最中。

1時間足レベルでは特に何か出来る事はありませんね。

f:id:keyroiro:20190516221819p:plain

FXポンド円5分足。

4時間足で確認した、フィボナッチリトレースメント38.2の地点で買いエントリー。

ここで大事なのが「気を長く持つ」という事。

先生が良く言われている事の1つ。

「数値だけでエントリーするなら、少し下げたからと言って損切りしない事」

今回、それを理解していたので、堂々と保有することが出来ました。

残念ながら起きている時間帯で上げていかなかったため、指値を20pips上に設定。

寝ている最中に目安である1日20pipsをサクッと取れました。

精神的な負担ゼロで20pips。美味しいです。

上手な人はもっと賢くトレードしている

同じような環境においてのトレードでも、上手い人はもっと賢いトレードをしていました。

このブログ内で同じく記事を書かれているRAYさんがそのうちの1人ですね。

水平線付近で、しっかり止められている事をちゃんと確認する。

その後、水平線の上に乗りあがって急上昇。

このタイミングで買い。

なるほど確かに、このポイントからだとより確実ですね。

(詳しくはこちらからどうぞ↓)

www.fx-linetraining.net

他にも、先生のブログにて紹介のあった、前回安値を抜けていかないタイミングでの買いをされている人が居て「成程なぁ」と感じました。
11235813213455.net

このように、同じようなポイントでも、考え方や熟練度によって、さまざまなエントリーの仕方があるなと考えさせられました。